キチガイだと思われても他人を怒らせるようなブログでもOK

どうも、タイキです。先日このような記事を書きました。

>>インターネットという情報の洪水に溺れないために・・・

今や検索すれば、あらゆる情報が手に入る時代です。人々は、今この瞬間もグーグルやヤフーで検索して、血眼になって What’s in it for me?(それは私にとってどんなメリットがあるの?)と考えながら、インターネットという大海を徘徊しているわけです。

今のインターネットユーザーは、一瞬で検索して出てきたWEBサイトを「What’s in it for me?(それは私にとってどんなメリットがあるの?)」と問いかけ、役に立たないと判断するとすぐに離脱してしまいます。

「おいお前、もう少し俺の話聞いてけよ!」

って言いたいところです。これがリアルな対面だったら、相手も多少は気をつかってくれて相槌ぐらいは打ってくれるかもしれません。しかし、ネットユーザーにとって、「興味がない・つまらない・メリットがない」記事は、恐るべきほど読まれません。ゴミみたいな記事があってもそんなものに時間を割いて付き合っている暇はないのです。

たまに、商品レビューブログとかいって、毎回違う商品を紹介しているブログがありますよね?あれが稼げないのはこういう理由です。あなただったら、全部の記事で売り込みがあることが想定されるわけのわからないブログに時間を割いている暇はありますか?

はい、勿論ないですよね?

僕はネットの社会ほど弱肉強食の世界はないと思います。弱者は死に、強者は生き残る。リアルで行われているのとまったく同じそれがネット社会で行われています。

ユーザーに評価される良いサイトは、生き残り、ユーザーに嫌悪されるゴミサイトは、グーグルさんに嫌われて、検索順位も落ちて死にます。

これはある程度ブログをやっていればわかることです。

ブログを作って、記事を書いているのに、何もレスポンスがないという人、稼げないという人、はおそらくサイトの記事が読まれていません。

質の悪い記事を作っているからそれがユーザーにとって「興味がない・つまらない・メリットがない」記事を量産しているのでしょう。

でも、これ最初は仕方ありません。

僕もブログを始めた当初は、自分では真面目にコンテンツ作成をしていましたが、最初はなかなかいい記事が書けるようになれませんでした。

やっぱりいい記事を書けるようになるためには、それなりに時間がかかります。だから、アフィリエイトで稼ぐのに時間がかかるというのはそういうことでもあります。

キチガイだと思われても他人を怒らせるようなブログでもOK

これ、どういうことかという最初の入り口の話です。世の中には、沢山のサイトがあります。その中でユーザーにあなたのサイトに興味を持ってもらう必要があるので、かなり厳しい競争にさらされていると考えていいでしょう。

そんな中で、ユーザーに選ばれる必要があります。

じゃあ、どうやったら選ばれるのかという話ですが、「フック」が効いていればいいのです。

「フック」というのは、ひっかけのことです。ネットユーザーを過敏に反応させる「ひっかけ」のことです。

ものすごい濃いキャラクターを作り上げたり、文章が関西弁だったり、ユーザーの感情を煽るようことを言ったり、過激な発言をしたり、権威を思いっきり叩いたり、常識とされていることを否定するとか・・・

まあ、方法はいろいろありますが、こういうのがフックになったりします。

キチガイだと思われても他人を怒らせるようなブログでもOKです。なぜならフックが効いて、ユーザーを惹きつけるからです。

勿論、そのまま終わったら、ただの「危険人物」扱いなので、ちゃんとフォローが必要ですが。

あれですよ、女の子をいじった後に、フォローするのと同じです。

「あれ、今日お前化粧してないの?すっぴん?」って言って相手を多少ムッとさせてから、(フックをきかせて)「なんか今日はメイクで隠せないほど目のクマひどいね(笑)体調は大丈夫?」とフォローする感じです。

まあ、これと同じようなことをネットでもやってればいいです。単純なお話です。

1.フックを効かせる

2.フォローする

これで最初は、あなたを「危険人物」扱いしていたユーザーが次第に変わっていきます。

・・・・「あら不思議!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です