バビロンの大富豪要約まとめ。感想書評。実話実践。ジョージ・S.クレイソン

コピーライターのタイキです。

世界的なベストセラーである、

「バビロンの大富豪」という本があります。

著者は、ジョージ・S・クレイソン。

アメリカの作家、経営者です。

この本は、ジャンルとしては、蓄財哲学、自己啓発といったものです。

主に、「お金の使い方」「お金の貯め方」に関してかかれています。

読んでいてすごく参考になったのでここでシェアしようと思います。

バビロンの大富豪の要約まとめ

以下、バビロンの大富豪に書かれた蓄財哲学です。

1.支出を収入以下にする

当たり前のことですが、

収入よりも支出が多ければ、それは赤字です。

しかし、多くの人は借金やクレジットカードをして

現金一括で払えないものを無理にローンを組んで購入します。

こういうことをすると、直ぐに収入以上に支出が増えてしまうのです。

自分の支払い能力を超える物は、そもそも買ってはいけないのです。

2.借金をしない

借金というものは、利子で余分にお金をとらえます。

さらに、貸している人に対して精神的な束縛を受けるので

金銭面だけでなく、メンタル的な面でも借金しないことです。

支払いはすべて現金一括で。もちろん、車や家のローンもなし。

現金で一括で買いましょう。

3.必要なものと欲しいものを混同しない。

必要なものというのは、衣食住に掛かる費用。

欲しいものというのは、ブランド物の洋服、飲み代。です。

多くの人は、必要なものと欲しいものが混同していて自分が何に金を使っているのか

分かっていないのです。

蓄財をするためには、欲しいものに使う金は減らす必要があります。

4.消費、投資、浪費という概念を理解する

お金の使い方には、3つあります。

消費は、必要経費のことで衣食住などに掛かるお金のことです。

浪費は、衝動買いや「欲しいもの」を買うこと。

投資は、購入した金額以上のリターンがあるということ。です。

浪費ではなく、投資にお金を使わなければなりません。

5.貯金ではなく、投資

あまったお金をそのまま寝かせておくのは、本当に勿体ないことですので

それを投資するなどして運用しましょう。

よくわからなければ、信頼できるプロに任せるのもいいです。

6.収入の10分の1は、自分に払う

収入の10分の1は、まず自分に払うこと。自分にとっておくこと。

月収20万円ならば、2万円は自分。

7.お金に働いてもらう

そして自分に払った10分の一のお金を

価値が上がっていくものに投資をする。

ハイリスク・ハイリターンの投資案件ではなく、リターンが少なくても

元本が保証されているものに投資をする。そうすることで損をしないで

着実に資産を増やしていくことができます

以上です。

他にもたくさんの概念がありましたが、もっと詳しく知りたい場合は、

「バビロンの大富豪」を買ってください。

この本は、蓄財+自己啓発といった内容ですね。

バビロンの大富豪の感想書評。

そういえば、この本の中に知識に投資をせよと書いてありましたが、

この本を買うのは、浪費ではなく知識の投資になると思います。

なぜならここに書いてある蓄財哲学を極めれば、本の値段以上のリターンがあるからです。

追伸

5

ダウンロード (3)

>>トップ1%の富裕層のみが知るお金の帝王学が遂に公開!

(今すぐクリック!)

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です