リードジェネレーション広告を成功させるコツ

コピーライターのタイキです。

今日は、リードジェネレーション広告を成功させるコツに

ついて話していこうと思います。

リードは、顧客。

ジェネレーションは、生み出す。

という意味です。

つまり、リードジェネレーション広告というのは、

新規顧客を生み出す広告のことです。

もっと言えば、LP(ランディングページ)のことです。

実は、手っ取り早くリードを獲得する方法があります。

それは、無料プレゼントです。

最近、非常に多くなってきたパターンですが、

E-bookと引き換えに、メールアドレスの入力を求める方法です。

これが一番定番なやり方です。

今は、ただメルマガで有益な情報を提供するので登録してください

では、なかなかリードを獲得することができません。

それは、メルマガをやっている人が多すぎるからですね。

今や法人だけでなく、個人でもメルマガをする時代です。

お客さんは、常時メールボックスに沢山のメルマガが届いている状態です。

ですので、よほどのことがない限り、個人情報を提供してくれないと

考えておきましょう。

で、それを手っ取り早く解決する方法が

「無料プレゼント」ですね。

アドレスを入力するだけで価値のあるものを

くれるとなると、人は行動します。

方法としては、

1.LPを作成する

2.無料プレゼントを提供する

3.リードをLPへ流す

ということです。

ここでも一番重要なのは、

いかにCVRを上げるのかということです。

質のいいランディングページやコピーが書ければ、

成約率を上げることができます。

これは、提供する無料オファーを有料でも欲しいと思わせるものに

すればするほど成約率は上がってきます。

たとえば、投資用不動産の販売会社が、

LPで「不動産投資で稼ぐ方法のセミナー動画無料プレゼント!」

とかやっていたのは、結構いいなと感じましたね。

価値のありそうなプレゼントだとリードを集めやすくなります。

それだけ無料に、人は引き付けられるのです。

コピーで興味深い事やトリガー単語を連発するより、

オファーを強くした方が簡単に成約率が上がります。

「弱いコピー強いオファーカバーする事はできるが強いコピー弱いオファーカバーする事はできない」

というアメリカのコピーライターである

ゲイリーハルバートの名言があります。

まあ、これがすべてですね。

リードジェネレーション広告を成功させたければ、

強いオファーを作ればいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です