万人に受けなくていい。全ての人に好かれることは不可能だから・・・

全ての人に好かれる必要はない.そんなことは、不可能だから。。。

cnbk0vruwaad7so

出典:Twitter

八方美人とかいう言葉がありますが、僕はあれは嘘だと思います。むしろ、本来の自分を隠し続けて、相手に嫌われないように、媚びた結果、誰にも嫌われないが、ファンもできていない。そういった状態のことだと思います。

人って生きている限りは、自分と価値観が違う人間との摩擦に傷つけられますし、逆にあなたも意図せずに誰かを傷つけてしまっているのです。

誰かを傷つけられるのも当たり前ですし、傷つけるのも当たり前です。そう考えると、いちいち人間関係の摩擦で苦しまなくても済むのではないでしょうか。

所詮、人間関係って「相性のマッチング」です。合う人は合う。合わない人は、合わない。ただそれだけの話です。

多様な価値観を持つ人間で溢れている以上、万人に好かれることなど不可能なことです。それこそ、誰かに批判をされないで生きている人は、自己アピールをしなさすぎです。

特に、インターネット上で活動していて、誰にも批判されないという人は、逆に危機感を持った方がいいです。万人に興味を持たれるどころか、万人から無関心の可能性が大です。僕なんて毎日、敵を作ることを意識して、情報発信していますからね(笑)その結果、アンチがひそひそとコメントを書いてきたり、メールを送って来たりするようになったわけです。

でも、敵(アンチ)ができるということは、ファンができるということでもあります。自分のファンが欲しかったら、深い人間関係を構築したかったら、同時に誰かに嫌われる必要がある。やはり、人生とはトレードオフであり、犠牲なくして得るものはないな・・・・と感じています。

「好かれたかったら嫌われろ!」ってことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です