吉永賢一の評判は?Wiki風プロフィール。やるきセミナーDVDが無料!高速化記憶

コピーライターのタイキです。

東大家庭教師で英語や記憶術などで有名な吉永賢一さんという方がいます。

今回は、彼について紹介していこうと思います。

吉永賢一さんのWiki風プロフィール

yoshinaga_pic

東大理III家庭教師、吉永賢一
yoshinaga_name

91年東京大学理科III類(医学部)入学。教師としては20年間の指導歴をもち、過去に指導した生徒は1000人を超える。「将来必ず役に立つ基礎知識を教える」をモットーとし、懇切丁寧な指導により短期間に偏差値50台→70台など劇的な変化をみせる生徒も多く、生徒および保護者から絶大な信頼を寄せられている。

センター試験では物理を3分で解答し満点、代ゼミ模試では数学を5分で、英語を8分で解答しそれぞれ満点。なお、宅地建物取引主任者試験も5日間の準備期間で合格している。短期間で6冊の著書を出し、累計13万部のベストセラー。テレビ出演、ラジオ出演、雑誌インタビューなどでは、カリスマ家庭教師として紹介されている。

yoshinaga_books

なかなかダンディな顔立ちをしています。

吉永賢一さんは、日本で一番難しいとされる東大医学部に合格し、

その後生活費を稼ぐために、家庭教師をやりましたが、

これが成功し、東大医学部を退学します。

普通にかなりのエリートで生まれながらの天才ではないかと

思ってしまうと思いますが、

実は彼の並外れた頭脳は、その他大勢とは明らかに異なる勉強法にあったのです。

小学校時代から記憶術の本を読み漁り、そして高校生の時には、独自の記憶術を開発し

それを使って勉強をした結果、偏差値が93になり、模試でも満点をとります。

また、実質3日の勉強で、宅地建物取引主任者の資格試験にも一発合格するという快挙を達成します。

ちなみに、宅建は合格率がおよそ15%ほどです。

takken2

通常宅建に合格するのに必要な勉強時間は、200~300時間と言われていますが

彼はそれを3日間の勉強で達成してしまいます。

吉永賢一さんの記憶術

あまり長々と語るとわけが分からなくなるので簡単に言いますが、

彼の記憶術とは、頭に入れることを意識するのではなく、頭から出すこと。

つまり、インプットではなく、アウトプットを重視しています。

記憶というのは、それが使われた初めて価値があるものなので

それを「脳に入れる作業」よりも、「脳から出す作業」の方が重要だということです。

彼の東大式記憶法でもアウトプットについて深く語られています。

他の記憶術と異なる点は、覚える方法などというインプットでなく、

「いかにアウトプットするか?」という点にフォーカスされているかということです。

試験で覚えたはずなのに、結局回答が思い出せない場合がありますよね?

このような人は、頭に入れるだけでアウトプットが足りないのです。

1.インプット

2.アウトプット

という段階をこなす必要があるのです。

そして重要なのは、インプットだけでなく、アウトプットも大切だといことです。

単語帳を何百回と見てもそれは、頭にインプットされているだけで

アウトプットできるかどうかというとまた話が別だと思います。

吉永賢一のやるきセミナーDVDが無料!

東大家庭教師が教えるやる気で人生を変える秘密

そして最後にニュースがあります。

吉永賢一さんのやるきセミナーDVDが無料でもらえます。

彼自身、1000人以上の生徒相手に指導をして結果を出してきた実績が

あります。1000人単位ともなると、相手のモチベーションを引き出して

自発的に行動させることが必須です。

彼は、それをやってのけたのでモチベーション、やる気を出させることに関しても

プロフェッショナルでしょう。

もし、あなたが

・モチベーションが湧かず、やる気を出したい

・自分は行動力がないと思う・・・

・記憶術や英語などで凄い吉永賢一から一度教わりたい

などと思われならば、このDVDを無料で手に入れてみてください。

>>人生にモチベーションを出す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です