女性にモテる。というより人として大切なこと。

僕「○○ちゃんの笑ってる顔ってとっても素敵だよ。○○ちゃんの笑顔を見てると、気分が落ち込んでるときでもポジティブな感情になるからさ。そういうの本当にいいと思うよ。好き」

相手の女性「え~~!何言ってるの。そんなことないよ。もうやめてよ~~~」

僕「・・・・・・・」

実は、昔こういうことがありました。要するに、相手の女性の魅力的な部分を心を込めて褒めたわけですが、それをあっさりと「え~そんなことないよ~」と軽く受け流されてしまいました。心を込めた思いを相手に軽く受け流されてしまうのは、辛いものです。悲しみを感じます。勿論、相手も照れ隠しという一面があったとは、思いますが、それを理解しつつも、しっかりと相手には、心を込めたメッセージを軽く受け流さないで、本気受け取ってほしかったな・・・と感じています。

で、僕は実際そういう経験を何度もして、相手に提供したのに、それを本気で受け取ってくれないことがどれほど辛くて悲しいことか分かっているわけです。

だから、実際の局面で相手から提供されたとき(褒められた時)は、それを全力で受け止めるようにします。そうすることで、相手は満足感を得ることができますし、自分が心を込めて提供したものを「軽く受け流された・・・」と感じることもなくなるのです。

女性「タイキ君のそういう考え方、凄いかっこいいと思うよ!ついていきたいです」

僕「そっか、、、、それは嬉しいな。本当にありがとう。とっても嬉しいよ(強いアイコンタクトをしながら、落ち着いた声で)」

このように相手から何かしら提供されたら、僕はそれを全力で受け取ることにしています。

相手が心を込めて提供してくれたら、心を込めて受け取る。気恥ずかしいことかもしれませんが、人として大切なことです。

で、狙ってやったわけではないですが、これをすると恐ろしいことになります。

なんというか、相手の女性が可愛くなります。猫のように思えてきます。(「ちょっと、にゃんにゃんって言ってみて」と言いたくなるくらい(笑))基本的に、女性から褒められた時に、こんな反応をする男は、そうそういないわけですから、相手の女性が想定外な反応を起こして、パニック状態になります。世の中の男は、女性に心を込めた提供をされると「おう、分かってんじゃん!」「別にそんなことねーよ!」と強がったり、いやらしい声で「ありがとう」とか言ったりするわけです。

ほとんどの世の中の男は、「相手が心を込めて提供してくれたら、心を込めて受け取る。」をやらない。というより、メンタルが弱くて、照れくさくて恥ずかしくてそれをやる勇気がないわけです。

だから、これをやるだけで、必然的に女性に「この人、ほかの男と違う、、、、!!」と感じさせることができるわけです。元々、自分自身が心を込めた提供を相手に軽く受け流されたのが辛くて、他人から提供してもらった際に、それを心を込めて全力で受け取るようにしたのです。で、それをやっているうちに、相手の女性の反応が通常ではないそれをするようになったので、「俺はなんてことをしているんだろうか・・・」と思った次第です(笑)

しかし、「相手が心を込めて提供してくれたら、心を込めて受け取る。」 これは本当に大切なことなので、必ず実践するようにしたほうがいいでしょう。

PS.

ちなみに、女性に魅力的な男だと思われたい人は、取り急ぎマインドセットを
「この女性に好かれたい、ヤリタイ」

「俺はこの女性に「感情の変化」を与えたい。相手の喜ぶ顔が見たい。相手が心をひらいて本音を話せる空間を提供したい」

というパラダイムに変えましょう。

その後、ハーレクインの小説を20冊ぐらい購入して、そこに出てくるヒーローを分析して、真似してみてください。それをやると、本気で女性が恐怖を感じる男(この男の子孫を残さないといけないという使命感に駆られる)になってしまいます(笑)ハーレクインの小説は、いわば女性の理想が具現化されたようなものなんですが、普通に読んでいると、「ロマンス」に溢れすぎていて、まともな感覚を持っている男ならば、こんなこと、臭すぎてできない・・・と感じるでしょう。
しかし、正しいマインドセットが身についている人間は、それを自然とやってのけてしまうのが、マインドセットの恐ろしい点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です