将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと 。書評レビュー

タイキです。

本田健さんの「将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと」

という本を読んでみたので今回は、その書評レビューについて話していこうと

思います。

こちらの本です。

本田健さんといえば、世間的にはお金のプロというイメージが強いと思います。

僕は、将来お金に困りたくないのでここに書いてあることをしっかりとアウトプット

していきたいと思います

「将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと 」について

なお、本の中でお金に困らないための習慣として17つ上げていますが、

後に完全版として「将来、お金に困らないための25の習慣」というのを

上げています。

それが以下です。

お金と向き合う
1、お金から逃げない
2、お金と友達になる
3、お金から経済的に自由になる
4、お金から感情的に自由になる
お金観を確立する
5、両親のお金との付き合い方を思い出す
6、お金に抱く感情を知る
7、お金でうれしかったことを思い出す
8、ミリオネアマインドをもつ
お金に困らない習慣①
9、周りにいる人の将来を考える
10、どれくらいのお金持ちになるか考える
11、上か下かで時代を読む
12、国際政治と自分の財布のつながりを見る
お金とつきあう
13、複数の収入を得る
14、無駄使いを楽しむ
15、お金で失敗した人を研究する
16、投資をする
17、上手に損する
お金を管理する
18、複数の通帳をつくる
19、一生引き出さない口座を持つ
20、資産をリストアップする
21、負債を棚卸しする
お金に困らない習慣②
22、過度な節約をやめ、お金を使うルールを考える
23、自分にしかできない仕事をつきつめる
24、お金持ちを研究する
25、もっと人生を楽しむ

ちなみに、17の習慣は以下です。

微妙に変化していますね。
1 お金から逃げない
2 お金の性質を知る
3 楽しくお金とつき合う
4 お金にふりまわされない
5 両親のお金とのつき合い方を思い出す
6 自分のお金観を調べる
7 複数の収入を持つ
8 節約をやめて、生き金を使う
9 資産と負債の違いを知る
10 通帳を複数つくる
11 仕事の単価を上げる
12 投資をする
13 時代の流れを読む
14 お金持ちの研究をする
15 お金で失敗した人を研究する
16 自分に投資する
17 つき合う人を変える

本田健さんは、経済的に裕福になるためには、

お金のIQとEQを高めなければならないと述べています。

お金のIQとは、お金の知識です。

お金を増やしたり、守ったり、運用したり、使ったりということです。

お金のEQとは、お金と健康的な付き合いをすることです。

世の中には、お金=悪、汚いと思っている人も結構いますが、

お金に汚いも綺麗もありません。金は金です。

お金のIQ、EQに関しては以前に詳しく解説したので興味がある方は、こちらをご覧ください。

>>お金のIQお金のEQとは?本田健

正直な話、本の内容は、あまり具体的なことは書かれていません

ここらへんは、著者の通信教育のプログラムを受講すると詳しく学べるのかもしれません

上記の目次を読んでぴんと来た人は、わざわざこの本を購入する必要はないと思います。

「お金の投資、守り方」を学ぶには・・・

この本は、お金に対するマインドセットを学ぶことはできますが、

具体的にどうすればいいのかということは、まったく公開されていません。

ですので、どうすればいいのか分からないという風になってしまう人も多いでしょう。

そういう人におすすめしたいのが僕も参加している

Xファミリーオフィスというプログラムです。

このプログラムでは、資産数十億円のアメリカの起業家が

お金の守り方、投資、について教えてくれるプログラムとなっています

具体的には、年収が300万円でも「お金の守り」がしっかりとしていれば、

億万長者にはなれるということであり、いかに支出を減らし、投資をするのか

ということに焦点を当てて学べるプログラムとなっています。

初月は、無料でお試しすることができるプログラムとなっていますので、

「お金の守り」や「投資」に興味がある方は、30日間無料で聞いてみてください。

それから本格的に参加するかどうか決められますので

追伸

5

ダウンロード (3)

>>トップ1%の富裕層のみが知るお金の帝王学が遂に公開!
(今すぐクリック!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です