広告で一番大切なこと。クロード・ホプキンス

コピーライターのタイキです。

先日、クロード・ホプキンスの「広告で一番大切なこと」

という本を読んでみましたので、その書評レビューについて

話していこうと思います。

こちらの本です。

コピーライティングの元祖といわれるクロード・ホプキンスが書いた本です。

クロード・C・ホプキンス(1866-1932)

ダウンロード
19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した米国の著名なコピーライター。さまざ
まな企業で広告を制作した後、41歳のときに広告代理店ロード・アンド・トーマ
ス(現在のフット・コーン&ベルディング)に入社。同社で18年間を過ごし、後
に同社の社長と会長も務めた。「My Life inAdvertising」を出版した5年後に66
歳で亡くなった。米タイム誌より20世紀の3大広告人(ほか2人はレスター・ワン
ダーマンとセルジオ・ジーマン)のひとりに選ばれたデビッド・オグルビーや、
全米NO.1マーケターのジェイ・アブラハム氏(著書にハイパワー・マーケティン
グなど)が「広告の神と仰がない人はいない」とホプキンスに寄せられるリスペ
クトはとどまるところを知らない。

マーケッター、コピーライターの間で必読とされているのですが、

恥ずかしながら今まで読んだことはありませんでした。

広告の本質が語られている名著らしいです・・・

クロード・ホプキンスの「広告で一番大切なこと」について

さて、タイトルにもなっている「広告で一番大切なこと」とは、

広告とは、セールスマンシップである

ということです。

つまり、広告とはセールスマンを印刷したものであるということです。

「そんなの聞き飽きたわ・・・」と思われるかもしれませんが、

ホプキンスが活躍していた時代(19世紀末から20世紀初頭)、

では、革新的な概念だったのです。

それまで、広告とはニュースだとかいろいろ言われていましたが、

ホプキンスが、

広告とはセールスマンシップ

と定義しました。

まあ、こんな当たり前のことすら、

知らない広告担当者が多いですがね。

彼らはもう少し勉強するべきです。

コピーライターやマーケッターは、もちろん

広告に関する仕事をしている人も

一度読んでみることをおすすめします。

追伸

こちらの記事もよければ、どうぞ

>> コピーライティング本おすすめ!初心者が勉強用に・・・

>> マーケティングの本でおすすめ!初心者でもお勧め書籍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です