情報商材なんかより本読んだ方がいいよ!

こんなことを言うと、自分の首を絞めることになるかもしれませんが、まあ、そんなのどうでもよくなりました。ネットでお金稼げるようになりたくて、沢山の情報商材を購入している人、ノウハウコレクターになっている人。たくさんいますね。もしかしてあなたもそうでしょうか?

そういう人に言いたいことがあります。

情報商材よりも本を読んだ方がいいですよ。

「何を言ってるんだ?」と思われるかもしれませんが、インフォトップとかで売れてる情報商材ありますね。あの手の情報商材は僕も沢山購入したのですが、ほとんど役に立ったことがありません。

というのも、あれはただの「俺の成功例」をまとめたものに過ぎないからです。たまたまインターネットでお小遣い稼ぎに成功した輩がちょっとそれをまとめてみた感じ。もっと言えば、情報商材は、具体的すぎるのです。

「俺はこれで成功できたから、お前もこれで成功できる!」みたいな(笑)

あまりにも内容が具体的過ぎて、「これはあんたの場合、状況だから成功できたんじゃないの?」と突っ込みたくなるような内容なわけです。

しかしながら、自分の頭で考えることができない頭の悪い人たちが、ありがたがってそれを猿真似をするため、そのようなノウハウは数年後には、飽和したり、使えなくなっているケースが多いです。

たいていの情報商材で教えているのは、「ビジネス」ではなく「俺のお小遣い稼ぎ成功例」

だということが理解できるようになれば、もう無駄な情報商材を買うことはなくなります。そうです、情報商材のほとんどは「ビジネス」を教えているのではなく、俺がやってたまたまうまくいった「お小遣い稼ぎ成功例」を教えているに過ぎないわけです。

当然ながら、そんなものに再現性などあるわけがなく、ただの参考例の1つにすぎないわけです。

ネットビジネスをただのお小遣い稼ぎだと思っている人は永遠に稼げません。

というか僕は、本当は「稼ぐ」という言葉を使いたくありません。なぜならそれは、自分側の視点からしか物事を見ていない自己中心的なポジションに立っている人間が使う言葉だからです。正しくは、「価値を提供して対価をもらう」です。

でも「稼ぐ」という表現でないと伝わらない人が沢山いると思うので、「価値を提供して対価をもらう」ではなくあえて「稼ぐ」という表現を使っています。

学ぶべきことは、「価値」を作り出す方法。お客さんを集める方法、セールス。

です。「俺のお小遣い稼ぎ成功例」などいくら学んだところで、その裏に潜む原理原則を理解できていない限りは、ずっと表面的なものだけを追いかけて時間を食いつぶすことになるでしょう。

我々が真に学ぶべきことは、「価値」を作り出す方法、お客さんを集める方法、セールス。です。

で、そういったものを学ぶならば、情報商材よりも本の方が効率がいいわけです。実績も経歴も情報商材を出している怪しい人たちよりも、本を出している人の方がはるかにすごいわけです。しかもペラペラのPDF教材が数万円するのに比べて、本はもっと格安で購入できますね。

勿論、よい情報商材も沢山ありますが、ほとんどが価格に見合わないものです。基本的には、情報の質も費用対効果も情報商材よりも本の方が高いです。

まあ、本との付き合い方はかなり難しいので、一歩間違えばあれですけどね・・・(笑)

「価値」を作り出す方法、お客さんを集める方法、セールス。こういったことを学べる本を購入して読んでみることをおすすめします。

変な教材を数万で買うよりも、アメリカのマーケッターが書いた本とか読んだ方がはるかに役に立つでしょうし。

>>起業本のおすすめランキング、ベストセラー。

>>マーケティングの本でおすすめ!初心者でもお勧め書籍。

>>コピーライティング本おすすめ!初心者が勉強用に・・・

>>自己啓発本のベストセラーおすすめランキング!名著!

>>人間関係の本でおすすめランキング。職場の人間関係でストレスを感じるあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です