1. TOP
  2. Youtube
  3. 私が一番低評価貰った動画は、一番高評価が多い。

私が一番低評価貰った動画は、一番高評価が多い。

 2018/03/17 Youtube 日々思ったこと この記事は約 4 分で読めます。

 

 

私は、Youtubeチャンネルもやっていますが、

 

 

 

一番、低評価を貰っている(50)動画があるのですが、実は同様にその動画が一番高評価(60)をいただいています。

 

つまり、まったく同じ情報でも、良いと判断する人もいれば、悪いと判断する人もいるということです。

そして、その良い悪いの判断は受け手の価値観に準じます。

 

受け手にとって、自分を肯定する都合がいい情報の場合なら、「良い」と判断され、受け手にとって、自分を否定するような都合が悪い情報ならば、「悪い」と判断します。

 

例えば、炎上するとアンチも出てきますが、必ずファンも出てきます。これはなぜかというと、ある人にとっては、「悪い」と判断される一方で、「良い」と判断する人も出てくるからです。

 

例えば、私が「社畜はクソだ」といった主張をしたとしましょう。

(このブログのあらゆるところでしていますが)

 

すると、サラリーマン生活に満足している人にとっては、
「こいつは何をとんでもないことを言っているんだ?」と思い、
私の主張に真っ向から反対するでしょう。

 

しかし、逆に、サラリーマン生活が嫌で嫌で仕方ない人にとっては、
「こいつの意見は、俺と似ているな。」と思い、少なからず共感してくれます。

 

つまり、私が主張をすることによって、誰かを否定すると同時に誰かを肯定しているわけです。そして、私は自分に賛同してくれた人だけが、ブログやメルマガに来てくれるようにしています。

 

結局、ブログやYoutubeやメルマガをやっている情報発信者がやらなければいけないのは、
自分の意見を世に出し、誰かを否定し、誰かを肯定する。

 

こういうことだと思います。それをすることで、誰かに嫌われる代わりに、誰かに好かれるのです。誰かに0点をつけられるかわりに、誰かに120点をつけられるのです。

芸能人とか、人によって意見が分かれることを堂々と行うことで、ファンもアンチも作っています。そして、ファンがいるから彼らは莫大なお金を稼げています。

 

はい、もう私が言いたいことは、お判りだと思います。

 

” 批判を恐れずに、自信を持ってあなたの主張を世に、問いかけて下さい。”

 

 

 

追伸

ちなみに、私は評価数を非公開にしていますが、これには理由があります。

視聴者の人に、既存のいいね数で判断されないようにしています。例えば、視聴後にいい動画だと感じたとしても、「高評価:0 低評価:10」とかだと、何となくですが、低評価を押したくなる人間心理がありますよね。

結局、人は大多数派の行動に流されやすいです。だから、私は評価数を非公開にして、動画を見た率直なフィードバックをしてもらうようにしています。

そうすることで、クソな動画はクソな評価が返ってきて、良い動画はしっかりと評価されるからです。

 

 

追伸2

すみません、動画の更新サボっていました。近いうちに再び始めようと思っています。楽しみにしている方は、しばらくお待ちください(笑

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 情報商材屋のFacebookって何か気持ち悪いんだけど・・・

  • 絶望的に人生が面白くない人がおもろくない人生から脱出する非常識な方法

  • 人はどんな道を歩んでも満足しない。

  • 30歳以上の奴らのいう事なんて信用するな!”Don’t trust over thirty.”

  • youtubeのアカウントが停止されました。チャンネルも削除で復活の見込みなし

  • Youtubeのスパム動画、釣り動画、質の低い動画がうざい!削除の方法は?