1. TOP
  2. タイキについて
  3. 私が世に迎合するのを避ける理由。

私が世に迎合するのを避ける理由。

 2018/06/04 タイキについて この記事は約 4 分で読めます。

 

・学校教育に洗脳されて、個性を認めない。出る杭を叩く人が多すぎる

・恋愛至上主義が気持ち悪い

・いい年して、ゲーム、アニメ、漫画に嵌っている人が多い。

・見栄を重視して、他人にマウントを取ろうとする人が多い。

・欲望に塗れた芸能界が気持ち悪い。

・まともな学力や教養を持っている人が少ない

・東京には化粧を塗りたくって、すっぴんが別人の女が多すぎる

・浮気や不倫で溢れている

・ブラック企業が多い

・派遣会社がコンビニの数よりも多い

・社会問題を自己責任で片づける人が多い

・政治や経済に関心を持っている人が少ない

・スーパーの食料品には、添加物や化学物質が大量に含まれている。

・TVや新聞がインチキな情報ばかり発信している。

・同性愛者が堂々とTVに出て「道徳」について語る

・TVでは、不倫をテーマにしたドラマやエロバラエティなど子供の教育上よくない番組も放送されている。

・未成年飲酒や喫煙が当たり前のように行われている。

・政治家が日本のためでなく、自分のために政治を動かしている。

・セックス&ドラッグに溺れ、モラルのかけらもない若者が増えている。

・陰口をいったり、人をいじめる事を楽しんでいる人がいる。

・金と権力を手に入れることこそが成功だと考えている人が多い

・他人を馬鹿にして、自分をすごく見せようとする人が多い。

・インターネットで匿名で他人の誹謗中傷する人間がいる。

 

 

私からすれば、ここまでおかしくなっている社会に何の疑問も感じずに、適合できる方が信じられない。

とにかく、私は基本的に社会に迎合しないから、他人から叩かれてきた経験を人一倍しています。それでも、この社会は明らかにおかしいので、私は自分の信念を曲げてまで、適合しようとは思いません。

 

ですので、基本的にこの社会に適合している人や今の世の中のインチキさに何も気が付かない人とは、対立します。

 

実際、人間関係も付き合う人間を徹底的に選ぶので、友達はかなり少ないです。

世の大抵の人は、たくさん稼いで欲望を満たすことこそが、人生の幸福だと思っているので、そういう人とは価値観が合わないからです。

 

社会人になってからは、1度しか飲み会に参加したことがありません。その飲み会も私が幹事にさせられたから、嫌々参加しただけです。

もちろん、冠婚葬祭の類や同窓会にも一切参加しません。

 

リアルで絡みがあった人間は、私を

「相当な変わり者」

「お前はおかしい」

「なぜそこまで人付き合いを避ける?」

「俺たちとは感性が違いすぎる」

と言って批判します。

 

しかし、私にとっては、自分なりの理由と信念があるからこそ、行っていることなのです。

私は、ただモラルが崩壊しているこの社会に適合したくないだけです。

 

年々、「善悪の区別がつかない」大人が増えている気がしますね。

 

いくら資本主義、法治国家とはいえ、やっていいことといけないことがあります。

善と悪を混ぜて、多用な価値観を認めるというのは、社会の崩壊を導くものでしかありません。

しっかりと善悪の区別をつけて、ダメなものはダメと糾弾しなければなりません。

 

ルール違反をしなければいいのではなく、1人1人がモラルを保ち、しっかりと善悪の区別をつけなければ最終的に国は衰退します。

 

それは、ローマ帝国にしてもそうでした。

モラルを喪失したからこそ、あの大国は滅亡したのです。

 

結局、民度が低い国は滅びます。

ここ最近日本では、モラルのない人が増えてきています。

 

資本主義が欲望を煽って成り立つものである以上、それも必然的かもしれませんが、モラルのない人とつるんでも絶対に幸せになれないことは明かです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

会社の奴隷を辞めて、自分独自の生き方をしよう。の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

会社の奴隷を辞めて、自分独自の生き方をしよう。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 個人的に人生にものすごくインパクトを与えたもの、事ランキング

  • 読めば読むほど頭脳がレベルアップできるブログ目指している

  • 僕は、誰よりも努力して賢くなるが、人前では馬鹿(無知)を装う。

  • 女性にモテる。というより人として大切なこと。

  • 本を買うというのは、他人の人生を買うことだと改めて思いました。

  • 皆さん、元気ですか?僕は元気じゃないですが・・・