立石剛「セミナー講師の教科書」評判レビュー口コミ

コピーライターのタイキです。

先日、立石剛さんの「セミナー講師の教科書」という本を

読んでみたので今回は、その内容ネタバレ&感想レビューについて

話していこうと思います。

こちらの本です。

タイトルでわかると思いますが、セミナー講師のための教科書です。

なぜ僕が今回、これを読んだのかというと、単にセミナーでも開こうかと

思ったからです。主にネットビジネス関連のです。そのうち、やろうと思います(笑)

この本の著者は、立石剛さんです。

ダウンロード (2)

立石/剛
パーソナルブランド・コンサルタント。株式会社ブランドファクトリー代表取締役。一般社団法人日本パーソナルブランド協会代表理事。1967年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

パーソナルブランドコンサルタントというのは、よくわかりませんが

この本に関しては、結構具体的で勉強になるな・・・と思いました。

これからセミナーをやろうと思っている人やセミナー講師の人は、

一度読んでおくことをおすすめします。

自分の知識をお金に変える

セミナー講師というのは、いってしまえば「教育ビジネス」です。

売るものは、あなたの知識です。原価はかかりません。

売っているのは、情報なので「情報起業家」ともいえます。

これからは、物よりも知識、情報の方が売れる時代になってくるでしょう。

あなたが、人よりちょっとだけ詳しいことを教えていけばいいのです。

人は、雲の上の存在よりも、自分より25%進化している人間を好み、

教わりたいと思います。

あなたは、見込み客より25%進化している強みを見つけて、

それを教えることをすればいいのです。

集客、マーケティングについて

セミナー講師は、リアルビジネスですが集客やマーケティングは、

ネット上で行います。

セミナーがどうこうとかいうまえに、

まずは、あなたにお金を払ってくれるお客さんがいないとだめですよね?

その具体的な方法も本書には書いてあります。

ブログ、SNS,紹介などです。

特に、紹介マーケティングは最強です。いいセミナーで受講生を満足させれば、

口コミで評判も広がっていきます。

受講生は、何を求めているのか?

大切なのは、受講生に行動をさせるということです。

彼らは、セミナーで提供される知識だけを求めているわけではないということです。

もしも知識だけを求めているならば、セミナーではなく、本や教材を購入します。

彼らは、今まで勉強してきたにもかかわらず、行動できなかったり、

人生が変わらなかったりしているのです。

あなたは、それを理解してあげて、受講生に道を示し、最初の一歩を行動

させてあげる事こそ大切なのです。

セミナー講師というと、若干競合が多く飽和していると思いがちですが、

あなたが「本物」になれば、多数のライバルには、目もくれず

見込み客は、あなたのセミナーへやってきます。

立石剛「セミナー講師の教科書」感想

凄く具体的に、セミナー講師として活動するノウハウが公開されていて、

いいと思いました。おそらくこの本を実践しても集客に苦労すると思いますが、

それを差し引いても既にある程度活動をしているセミナー講師の方が

読めば、さらに実績を上げることができるノウハウだと思います。

追伸

コピーライティングや集客についてお悩みの方は、

コチラからお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です