読めば読むほど頭脳がレベルアップできるブログ目指している

情報ビジネスというのは、読者と一緒に成長していくのがデフォです。

自分が教える側であると同時に、学ぶ側でもあるのです。

読者を成長させると同時に、彼らからも人生で学んだことを教えてもらう。

これこそが相互依存です。

僕は、読者と「相互依存」の関係になることを

目指してブログを運営しています。

このブログの記事は、読めば読むほどレベルが引き上げられるように

書いているつもりです。

「そうは、感じないけどな・・・」

と思われたら、申し訳ありません。

それは、僕の実力不足です。

たぶん、あなたの方がはるかに、レベルが高い状態だからそう感じるのです。

そういう方は、無理に僕のレベルに合わせる必要はないので、

もっと抽象度が高い情報に触れて上を目指していってください。

僕の最大の強みは、人的資源です。

そう「若さ」です。

例えば、僕よりはるかに頭がよくて

レベルが高い30歳の人、40歳の人がいるとします。

そういう人たちを相手にしたとしても

人的資源という観点で見ると、僕の方が価値が高いのです。

人的資源とは、時間、能力開発のことです。

残された人生のポテンシャルです。

(注:ここでいう人的資源は、経営学の用語としての意味ではなく、個人の人的資源の話です)

30歳、40歳で僕よりはるかに頭がいい人がいたとしても

僕は、まだその年齢に達するまで時間があります。

つまり、その間に能力開発が行える時間があるわけです。

で、その30歳、40歳の天才が本や教材という形で

自身のノウハウを残していたとしますよね。

僕は、それを通して彼らの知識、思考を学ぶことができます。

若ければ、その人が30歳で達したそのレベルまで

僕は、それよりも早い年齢で達することができます。

そしてそのままスキルを磨いて、さらに発展させていくことができます。

僕が、コピーを学び始めたのが20歳の時です。

もう2~3年ほど前の話です。

僕は、40歳、50歳、60歳のコピーライティングの「権威」と

呼ばれる人たちの教材や本を買っています。

さすがに、その人のノウハウをすべて吸収したとは言いませんが、

あと数年でそのレベルまでは、達成できると思っています。

そっからは、僕の独壇場。

ある人が40歳、50歳で達したコピーのレベルに

僕は、それよりも早く達することができます。

そしてその分、自分の成長が加速していくことになります。

つまり、同じ30歳でも後に生まれた人間が有利というわけです。

これの理由は、先ほども述べたように、後に生まれた人間は、

先人の知恵を学ぶことができるからです。若い人間は、人的資源があるのです。

学ぶ時間があるのです。これが若者の最大の強みです。

ついでに言えば、若い人間は、学習能力が高い。吸収力が半端ないわけですよ

だから、今18歳ぐらいの人がコピーライティングを学び始めたら、

僕は、その人に勝てないでしょう(笑)

その人が22歳になったとき、22歳時点の僕のコピーライティング力よりも

はるかに高いコピーライティング力を身につけることができるのです。

ああ・・・・若いって恐ろしい!!

恐れるのは、年寄りでなく、

自分より若い人たちです。

年寄りの賢人がいたとしても、今から努力すれば、その人以上のレベルに到達することはできます。

しかし、時間は有限です。巻き戻すことはできません。

若い人たちは先人を超すポテンシャルを秘めています。だから恐ろしいのです。

彼らが本気を出したら、自分よりもはるかに高いレベルへいってしまうでしょう。

若いっていうのは、こういう強みがあるんですが、

酒飲んだり、バイトしまくったりして、時間を浪費している世間の大学生は、

一体何を考えているのでしょうか・・・・

(まったく、、自分の可能性を潰すのがそんなに楽しいのかい)

若い人たちは、若さがあるうちに大いにそれを楽しむがいい。自分のしたいこと、願っていることを躊躇なくしたらよい。しかし、自分のしたことのすべてにおいて、いつか神の前にたち、申し開きをしなければならないときがくる。それだけを知っておきなさい。

旧約聖書 コヘレトの言葉11章 2節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です