集客のやり方なんて古今東西変わらない・・・

古今東西、人を集める原理原則に違いなんてありません。違うのは、集客できる場所です。
時代が違えば、使えるメディアもまた変わってくると思いますが、人が集まる方法の原理原則は、一緒です。

1.興味深い
2.新しい(ニュース性がある)
3.自分にとってメリットがある
4.好き

です。

要するに、これらの要素があると人は勝手に集まってきます。価値があるサイトを作っていれば、勝手に人はそこに集まってきます。

コピーライティングを学んでいると分かることですが、人が興味あるのは、自分のことだけ。みんなが自分が可愛いのです。自分の利益を求めているのです。
「俺の欲は満たせるのか?」て感じでネット上をさまよっています。
で、それが上手くできるサイトに人は集まります。
つまり、他人のニーズを満たすことができる場所に、人は集まります。

例えば、あなたがブックマークしたサイトはどこですか?
そして,なぜそれをブックマークにしたのでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

・・・・必ず自分のニーズを満たすために、その行動をとったはずですから。そのサイトの管理人のためとかおそらくそういった理由ではないですよね?(笑)

だから、人を集めたい場合は、他者のニーズを満たしてください。そうすれば、自分の利益を求めて人が群がってきます。
要するに、ターゲットが価値を感じるコンテンツを作れっていう話なんですけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. しょへ より:

    タイキさんこんちは!

    はじめまして、しょへといいます^^

    4番の「好き」ってなんかいいなと思いました。

    いくらいい情報を発信してても好いてもらえなきゃですもんね。

    読者さん目線で記事を書いて

    たくさんブックマークされるようなブログに頑張ります!

    またきます(`・ω・ )ゝ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です