高額教材買うなら、やっぱりダイレクト出版かな・・・

ビジネス系の高額教材を買うならやはりダイレクト出版でしょう。僕の中では、ダイレクト出版はブランドになっていて、安心して高額教材を買える数少ない場所の1つになっています。(というかまともな会社ってここしかないのでは?)

ブランドの本質って「ここで買えば間違いない」と思えるような「安心」、「信頼」だと思っています。

実は、先日ダイレクト出版の某高額教材を購入しました。以前にもセールスされていたものですが、購入しないまま期限が過ぎてしまって、購入しなかったことをすごく後悔しました。で、そんなモヤモヤ感をかかえているときに、その教材の再販売が行われたわけですので、今度は躊躇なく購入しました。

高額教材の場合は、払った金額以上のリターンが得られるか吟味すると思いますが、そんなことをしている間に販売終了してしまったので、余計に「買わなかった後悔」をしました。

僕の経験上ですが、期間限定の商品があって、それを買おうかどうか迷ったときは、基本購入したほうが満足度が高くなります。購入しなかったら、それはそれでお金が守れるわけですが、レターを読んだときに感じた「俺の人生が変わる感」が消えて、人生が何も変化していない苦悩に悩まされることになります。

だから、期間限定の商材を迷った挙句に、購入しなかった場合は、後悔するケースが多いです。

で、実際に購入した場合はどうなるのか・・・というとネガティブになるどころかポジティブになります。

セールスレターを読んだうえで納得して購入した場合は、レターを読んだときに感じた「俺の人生が変わる感」が商材が届くと同時にさらに高まっていきます。

お金が減った痛み以上にそれが強くなります。だから、結果的に充実感は高くなります。

自己投資にお金を費やすことに損はない

さて、僕の経験上何が言えるのかというと、「迷ったら買え」です。お金をため込むよりもそれを使って新しい知識を得た方が、新しいインスピレーションやアイデアが生まれやすくなります。結果的にそれが人生を変える可能性もあるわけですので、何も行動しないよりからは、お金を使ってでも新しい「経験」「知識」を得た方が長い目で見ると得をするケースが多いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です