1. TOP
  2. ダイレクト出版
  3. 【速報】ダイレクト出版、また何か新しい外国人出してきた(笑)

【速報】ダイレクト出版、また何か新しい外国人出してきた(笑)

 2016/08/03 ダイレクト出版 日記 この記事は約 4 分で読めます。

 

 

ダイレクト出版からまた何か新キャラが出てきた(笑)。

 

100億売った男エベン・ペーガン(Eben Pagan)

6028161640_24247673d0_o

https://www.theresponse.jp/wup/lp/

 

 

基本的に、D出版て昔からやってることは、同じ。

コンテンツホルダーと組んでそいつの商材を販売しているだけ。

 

で、変わるのは、そのコンテンツホルダーの人だけね。

 

まあ、これは単に飽きられないためだろうけど。

ほんと、ころころ新しい人出てくる(笑)

 

「ぶっちゃけ、外国人枠は、ダンケネディだけでいいだろ・・・」

と思うのは僕だけですか・・・?

 

ダンケネディからの、

マイケルマスターソンまでは、何とかついていけたけど、

それ以上は、もうダメ。

 

最近、ダイレクト出版がやたらと押してる「リッチ・シェフレン」とかほんと何者なの・・・

 

リッチシェフレン(Rich Schefren)氏。

rich

グーグル、ヤフー、マイクロソフトなど、大手インターネット関連企業へのコンサルティングを行うネットマーケティングの第一人者。ビジネス戦略の構築を得意とする起業家で、マーケティングの世界で巨人と言われているダン・ケネディ、ジェイ・エイブラハムたちとパートナーシップを取り、指導を行っている。そんな経歴からリッチはグルズ・グル(Guru’s Guru = 先生たちの先生)と呼ばれる。

 

 

ダンケネディ、ジェイエイブラハムに教えたグル中のグル!

とか言われてもね・・・

 

正直、よくわからない。ダンケネディやジェイエイブラハムの方がなんか愛着湧く。

 

 

今回は、

 

100億円売り上げた!

 

とか言って、新キャラエベン・ペーガン(Eben Pagan)が出てきたけど、

このままいくと、

 

1000億円売り上げた!

・・・・

 

1兆円売り上げた!

 

とかどんどん上がっていきそうで怖い(笑)

 

またわけわからない外国人が出てきても

正直、困惑するだけなんですけど・・・

 

 

追伸

今回、出てきたエベン・ペーガン(Eben Pagan)なる人物は、もともと恋愛コンテンツで成功した人物らしいですね。あの有名なThe・Gameでもデイヴィッド・デアンジェロというハンドルネームで登場しているそうです。

 

https://www.theresponse.jp/wup/lp/

 

このページ見てると、突っ込みどころ満載で正直、変に自己啓発系に行かなくていいからこの人には、「時間管理」じゃなくて「ナンパ」とか「恋愛」を教えてほしい。

うん、ぶっちゃけそう考えている人の方が絶対多いと思いますよ。ダイレクト出版さん。

会社のイメージに合わないという理由ならば、子会社の方でもいいので、エベン・ペーガンの恋愛教材を販売してください。噂では、エベンの恋愛教材は、Mr.Xのナンパ教材の元ネタになっているとのことで、かなり興味あります。

もしエベンの恋愛教材が日本で販売されたら、「The・Game」に出ているというだけで、かなり注目を浴びそうですけど(笑

 

 

追伸2

以前にエベン・ペーガンの「デジタル・プロダクト・ブループリント」については、レビューしたので、よければご覧ください。
>>エベン・ペーガンの「デジタル・プロダクト・ブループリント」は売れてるのか?

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人気が出る映画、アニメ、ドラマ、ゲームの共通点。ラブライブを見て僕が感じたこと

  • あなたは、マスコミに洗脳されているかもしれません・・・

  • コンテンツ・マーケティング64の法則 評判レビュー。アン・ハンドリー

  • 団塊シニアマーケティング容赦なき戦略評判レビュー。ダンケネディ

  • なぜ僕は詐欺情報商材の批判レビューをやめたのか?

  • ビル・グレイザーの「ビックリするほどよく売れる 超ぶっとび広告集」は読むべきか?