利益を生み出す熱狂ブランドの作り方評判レビュー アレン・P・アダムソン

コピーライターのタイキです。

今日は、「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」という本の

評判レビューについて話していこうと思っています

一般販売はされておらず、ダイレクト出版で販売されています。

bnd

こちらの本ですね

著者は、アレン・P・アダムソン。

ブランドコンサルティング企業のマネージング・ディレクターです

ブランディングとは、粗利を生み出すための「科学」である。

というキャッチコピーがあります。

ちなみに、粗利とは

売上高ー売上原価=粗利

です。

費用は、引いていません

なぜ粗利なのか?

という疑問は置いておきましょう。

とりあえず、ビジネスの売り上げに貢献する内容であることは間違いないです。

価格競争に巻き込まれない方法

商品、サービスを買うか買わないかの判断は、すべてお客さんがします。

多くの企業は、「いい製品を作れば売れる」と考えてマーケティングを

行っていますが、そもそもそれがおかしくて

相手は、他社の製品を買うという選択をすることができるのです。

その理由は、価格であったり、品質であったりしますが

お客が、あなたの会社の商品、サービスを認知していない場合を除き、

あなたの会社の商品、サービスよりも何らかの点で他社の商品、サービスが優れている

とお客が判断したからです。

それは、価格であったり、

品質であったり、イメージの問題であったり、

いろいろなパターンがあります。

時には、営業マンの印象で決まる場合もあります。

そんな他社との競争のなかでどうすれば、自社製品、サービスを

選んでもらうことができるのかというと、

それは、ブランドを作ることです。

ブランドとは、

「ある財・サービスを、他の同カテゴリーの
財やサービスと区別するためのあらゆる概念。」

とあります。

このブランドを構築することができれば、

例え、競合商品、サービスがあろうとお客はあなたの会社の商品、サービスを選びます。

つまり、価格競争やサービスの品質で比べられることがなくなります。

競争社会から抜け出し、利益を生み出す会社になるのです。

ブランドを構築する方法

では、どのようにすれば、お客から選出されるブランドを構築することが

できるようになるのか、それは昔のように、ただ競合商品、サービスとの差別化を

作ればいいというだけではありません。

「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」の著者アレン・P・アダムソンは

次のように語っています。

#1.理念を作る

まずは、自分たちがなぜその商品、サービスを販売していて

お客にどうなってほしいのか、そして社会をどのように変えていきたいのか

理念を共有することが大切です。

人は、理念、ビジョンに共感することにより、あなたに対して興味を示すのです。

あなたの商品、サービスでなく、あなたそのものに興味を示します。

#2.参入する分野をしっかりと見極める

時代に流れにあったビジネスをやっている場合は、

ブランドを構築することができますが、既に競合のブランドが

たくさんある場合は、参入しても消費者にブランドを認知させることすらできません。

例えば、車は、もうすでにたくさんのブランドがあるので

今からそこに参入しようとしても消費者にブランドを認知させることができません。

車のブランドといえば、

フェラーリ、BMV、ベンツ、・・・・

など沢山あるので今さら新規でそこにブランドを作ろうとしても無理があるのです。

まだ、ブランドがない分野、または認知されているブランドが少ない分野ならば

ブランドを構築することができます

以上がお客に選ばれるブランドの構築方法です。

もう少し詳しく知りたい人や、

海外で成功したブランド構築成功事例を知りたい人は、

「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」を読んでみてください。

>> 「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」の詳細

(90日間の返金保証付き)

追伸

もし、あなたがブランドが構築できなければ、価格競争に巻き込まれて

まったく利益が出ない商品、サービスを売るために

長時間の無駄な労力を使う羽目になってしまいます。

いくら働いても価格競争に巻き込まれ、商品から利益が出ずに赤字に

なることすらあり得ます。

それを避けるには、お客さんから選ばれるブランドを構築することです。

そうすれば、もはや競合とか気にする必要もなくなり、

強気の高価格を設定しても商品がバンバンと売れ、利益が出る会社を

作ることができるのです。

>> 「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」の詳細

(90日間の返金保証付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です