パフォーマンスアップ3つの法則評判レビューダイレクト出版

コピーライターのタイキです。

今日は、ダイレクト出版さんが販売されているパフォーマンスアップ3つの法則

という本の評判レビューについて話していきます。

この本ですね。

bpu

著者は、スティーブ・ザフロン、デイヴ・ローガンさんです。

スティーブ・ザフロンさんは、組織のパフォーマンス向上を目的として

コンサルティングを行う会社のCEOです。

これまでに、アップルやグラクソ・スミスクラインといった企業を

クライアントにしています。

パフォーマンスアップ3つの法則要約まとめ

この本で語られている内容を一言で言えば、

会社の売り上げを上げるために、組織の人間の問題を解決する方法です。

起業した当初の会社というのは、売り上げも右肩上がりに伸びていくものですが、

ある時期を境に、売り上げが頭打ちになります。

多くの起業家は、それを商品、営業マン、企画内容、集客

などのせいにしますが、実はそれらが問題なわけではなく

社員のやる気が上がらないことが原因なのです。

売り上げが伸びなくなるときというのは、

次々に問題が発生します。

解決しても解決しても次々に新たな問題が発生するので社員も

やる気を失ってしまったり、やめてしまったりするのです。

多くの社長や起業家は、このことの気づいておらず

社員のやる気を引き出してパフォーマンスを上げようと考えることすら

しないのです。

商品、営業マン、企画内容、集客といったものに取り組めば

売り上げが伸びるのではなく、社員のやる気を上げる事で

パフォーマンスが向上し、問題解決に積極的に取り組むようになり

売上も結果的に伸びていくのです。

組織というのは、それぞれの仕事がたとえ、小さくても他の部署にも

影響を与えるということです。

極端な話、たった1人の社員がモチベーションが下がり

パフォーマンスが落ちたとすれば、その1人の社員の仕事が結果を及ぼす

他の部署や仕事にも影響を与えてしまうのです。

たった1人でもこれなのですから、売り上げが上がって様々な部署で

問題が次々と発生して社員のやる気がなくなってしまえば

組織自体が円滑に機能しないというのは、お判りいただけると

思います。

パフォーマンスアップ3つの法則では、

「どうすれば、社員に行動を起こさせ、パフォーマンスを上げる状況を作れるのか?」

という方法が公開されています。

この本をおすすめできる方

経営不振に悩んでいる起業家

上場を目指している社長

管理職の人

パフォーマンスアップ3つの法則では、社員に行動を起こさせるための

方法が公開されているので、こういった状況にある人が読むと

会社の業績に影響を及ぼしている「人の問題」を解決するのに役立つでしょう。

> パフォーマンスアップ3つの法則

追伸

90日間の返金保証もついていますので

じっくりと試してダメだったら返金してもいいのです。

あなたに、リスクはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です