マインドフルネス瞑想方法&呼吸法のやり方。効果は?

コピーライターのタイキです。

最近は、マインドフルネスという言葉をよく聞きます。

書店でも宗教本のコーナーにいくと結構

「マインドフルネス○○」といった本が結構あります。

今回は、マインドフルネスがどういった意味なのか?

瞑想法や呼吸のやり方、効果について話していこうと思います。

マインドフルネスとは?意味は?

結構いろいろな本を読んでみたのですが、

人によっていっていることが違います。

ある人は、「気づき」といっており、

ある人は、「今に集中する事」といっており

ある人は、「瞑想」といっています。

まあ非常にややこしいのでインターネットで検索して出てきたものを

引用させていただくと、

マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることです。 1つのことに集中して行います。 いつでもどこでも実践できます。

引用先:http://www.humanwellness-institute.org/mindfulness.html

ということです。

自己啓発本とかでよくみられる過去も未来も気にせず

今、この瞬間を楽しんでいきるというあれと一緒です。

マインドフルネスは、禅やヨーガから来ているといわれています。

あれも五感を研ぎ澄ませて今この瞬間に起きていることに、集中するものですよね。

マインドフルネスを一言で言うと、

「今、この瞬間を集中して生きる」

ということでしょう。

過ぎ去った過去や起きるかどうか分からない未来を気にするのも

よくないことです。

マインドフルネス呼吸法のやり方

呼吸法というと数秒吸って、ため込んで吐いてを繰り返すという

やや面倒なことに思えますが、

決まった呼吸法なんてものはありません。

どんなやり方でも落ち着いて今この瞬間に集中できればいいのです。

呼吸法のやり方としては、普通に深呼吸です。深く吸って吐いてください。

何秒間吸うとか吐くとかそんなのは、人の体型により異なるので。

ただ一つ意識してほしいことは、

「息をしっかりと吐く」

ということです。

そもそも現代人は、息を吸ってばかりで吐ききっていないことが多いのです。

だから深呼吸をするときは、しっかりと吐いてください。

そうすると気分も落ち着いてきます。

そしてこの呼吸をしっかりすることが瞑想法でもあります。

呼吸でしっかりと吐いてください。

大切なので何度も言いますが、吸うよりもしっかりと意識して吐くことの方が大切です。

もう限界と思えるくらい吐いてください。

それくらい普段の呼吸では、吐ききっていないのです

マインドフルネス。基本的なマインドセット

#1.他人と自分を比べない

比較してもいいことは、ほとんどありません。

この世でまったく同じ条件で生まれてきた人など

存在しないのです。人それぞれ価値、基準、スキルなどに差があるのが当たり前です

これを比べて「アイツより俺の方がすごい」とか「俺よりあいつが・・・・」

とか思うのはまったく意味がないのです。

#2.この世には、良いことも悪いことも存在しない

この世におこる出来事というのは、良いことでも悪いことでもなく、

すべて中立的なことです。人が勝手に良いこと、悪いことと意味づけしているだけです。

#3.執着をしない

仏教、マインドフルネスでは基本的な考えですが、

「執着をしない」ということです。

人、物、出来事に執着することは

あなたを不幸にします。常に道は開けています。

一つのことに執着しすぎるとそれを失うことを恐れるあまり

行動できなくなります。

追伸

ちなみに、マインドフルネスについてしっかりと理解したい方は、

この本がおすすめです。フランスでベストセラーになりました。

>> はじめてのマインドフルネス ――26枚の名画に学ぶ幸せに生きる方法

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です