ネット上の文章は、店員の接客のようなものだ。

この記事は1分で読めます

 

タイキです。あなたは、店員の接客が良い店と悪い店だったら、どっちへ行きたいでしょうか?(商品やサービスは同じものを売っているとして)

普通の感覚なら、できるだけ店員の接客がいい店へ行きたいと思うはずです。特に、夏祭りの屋台とかではそれが顕著です。同じものを売っている屋台が沢山ありますが、ここでは、「どこで商品を買おうか?」という課題が出てきます。

僕の場合は、できるだけ見た目が怖くない人から買おうと思います。屋台とかだと店員がチンピラ崩れや自分の体を彫刻にしている人だったりします。そういう人から買うよりは、笑顔が素敵なお姉さんや陽気なおじちゃんから買いたいと思います。売っているものも値段も同じなら、もう「人」で判断するしかないでしょう。選ばれるのは、「人」という要因です。人柄が良い人は、悪そうな人よりも有利。接客では、まさにそれが顕著です。

内⇒外へ

文章も同じです。ひどい文章、頭の悪そうな文章は、読みたくもないですし、ましてやその人のファンになることはないです。僕は、文章というのはその人の人柄が出るものだと考えています。結局のところ、「自分の人間力」が人を惹きつける良文か悪文を生み出すか決めるのではないでしょうか。そうなると、ネットビジネスをやっていると「あなたの人柄にひかれてメルマガ登録してみました!」というメールが来る理由が分かります。普通に考えれば、「会ったこともないのに人柄なんでわかるはずもない」と思いますが、店員は、自分の人柄が接客に現れるように、文筆家は、自分の文章から人柄が出てきて読み手に評価されているのだと思います。どっちも自分の人格やマインドセットがそのまま表の行動に出てきます。外面だけよくてもダメだってことです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. GA073_L
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!