未来から選ばれる働き方 神田 昌典,若山 陽一 書評レビュー

この記事は3分で読めます

 

 

 

コピーライターのタイキです。

今日は、神田 昌典,若山 陽一さんの「未来から選ばれる働き方」

という本の感想について話していこうと思います。

コチラの本です。

 

が、その前にまず一言いっておきたいのですが、

 

正社員は終わり。これからはパラレルキャリア

 

ということです。

 

パラレルキャリアというのは、肩書をいくつも持っていて、

複数のキャリア活動を同時にしていることです。

 

先日、こちらの記事でも詳しく解説させていただきました。

 

>>パラレルキャリアと副業の違いは?ドラッカーが本で提唱した概念。

 

これからは、正社員という制度そのものがどんどんと廃れていくことになるでしょう。

その証拠に正社員数、割合は年々減っていっています。

img_4

 

このように、年々非正規労働者が増えてきて、正社員数が減ってきています。

ただ、僕自身はこれを悪いことだとは思ってはいません。

 

むしろ時代が変わってきているため、従来の労働観というものが崩れてきていると

思っています。

 

そもそも「正社員」の定義って何なんでしょうね?

 

正社員の特徴[編集]

  • 雇用期間:期間を定めない雇用。定年まで雇われる事が多いこともあるが、法律に定められた期間前に予告して退職を要求することもある。
  • 賃金:加齢とともに賃金があがる形態(いわゆる年功序列)が多い。しかし近年では年功序列をとらない企業も増えている。
  • 昇進・昇格:加齢に伴い、ある一定の年齢になれば一定の役職に就ける場合が多い。また、総合職、一般職などの区分がある場合は総合職が最も昇進・昇格のスピードが速い。
  • (非正社員に比べて)労働組合への加入率が高い。
  • 一般的に日本では、正社員としての職歴以外は、労働市場において意味があるキャリアとして評価されないことが多い。
  • 出向、転勤など企業内労働市場、企業グループ内労働市場の中での異動がある代償として、終身雇用が約束されていることが多い。

こちらより

 

大きな特徴で言えば、雇用期間が定められておらず、

定年まで勤めることを前提としたものであるということです。

 

これが非正規雇用と正社員の一番の違いです。

 

ですが、こんなものは無意味です

なぜなら既に終身雇用というものは、崩壊しているからです。

 

今の若者で就職をする際に、定年までそこの会社に勤めることを前提に

している人などほとんどいないでしょう

 

会社生存率

ダウンロード

 

 

こちらを見ても入社した会社が、定年後まで残っている確率の方が低いのです。

今までの時代のように、「正社員=終身雇用」で安定しているというのは、

既に幻想であり、ほとんどの人が転職を経験することとなります。

 

正社員=安定というのは、終身雇用が前提としてあった旧時代の考え方であり、

既にそんな概念は、通用しない時代になっているということです。

 

結局のところ、非正規であろうと正社員であろうと

安定などというものはしておらず、大切なのは、

いかに自分のスキルを磨くのかということでしょう。

価値のある人間になれば、引く手は数多です

 

「未来から選ばれる働き方 (PHPビジネス新書)」でもこれからは、非正規雇用が

当たり前の時代が来ると述べています。

 

正社員の定義が、定年まで勤めることができるというのならば、

それは既に意味をなさないものです。

なぜなら会社よりも人の寿命の方が長いからです。人が死ぬより先に、会社が倒産します。

 

そのため、「終身雇用」などというのは、幻想にすぎません。

こう考えると「正社員」という制度そのものがなくなるということの意味が

わかるのではないでしょうか?

 

今後の生き方

 

今後は、どこかの会社に勤めて定年まで働くというのは、終わり

非正規労働者として様々な組織を渡り歩き、同時にいくつもの

組織に加盟していく「パラレルキャリア」の時代になっていきます。

 

非正規労働者というのは、あれですが

いわゆる「一時的な労働者」のことです。

 

正社員で1つの会社に定年までというのは、終わり

これからは、「一時的な労働者」として様々な組織に加盟し、

キャリアを積んでいく時代になるでしょう。

 

定年まで会社が持たないので正社員というのが

まったく意味をなさないようになってきているのです。

 

もう一度いいます。

 

正社員は終わり。これからはパラレルキャリア

 

です。

 

「そんな馬鹿な・・・」と思う人は思っていればいいでしょう。

 

将来、困るのは自分だけです。時代の変化を敏感にかぎ取らなければ

生き残れない時代です

 

既に、正社員という名の安定は、終わっているということです。

定年まで勤めることを前提に就職したのに、会社がそれまで残らないというのは、

詐欺に近いことだと思います。

 

その意味では、世の中の多くの人は、

「名ばかり正社員」になっている可能性すらあり得ます。

 

だって、定年まで勤めることができなければ、正社員も非正規も同じですよね?

 

 

追伸

1日1時間、パソコンでカタカタ入力した文字から中堅社員並みの月収(平均26万円)の「不労所得」を生み出すノーリスク、ハイリターンの最新ITビジネスとは?

 

引きこもりの青年でもなぜパソコン1台で稼げるのか、その秘訣を無料で公開しています

(プログラミングやOfiiceソフトはできなくても大丈夫です。文字が打てればOKです)

>>詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!