社員を動かす社長のカリスマ仕事術 評価評判レビュー

この記事は2分で読めます

 

コピーライターのタイキです。

今日は、「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」著者:マイケル・マスターソン

という本のレビューについて話していこうと思います。

bpp

こちらの本です。ダイレクト出版で販売されています。

 

この本は、いかに従業員を動かし、最大の成果で働いてもらうことができるのか、

優れたリーダーになることができるのか、ということが書かれています。

 

 

なぜこんなことをしなければ、ならないのかというとそれは、

あなたの会社の社員は、ゆったりと手を抜いて働いている可能性があるからです。

というもの、

 

”50%~60%の従業員はベストの仕事をしていない”ということを知っていますか?
・”75%の人はやろうと思えば仕事の効率を飛躍的に高められると思っている”ことを知っていますか?
・”10人に6人は以前ほど熱心に働いていない”という事実をあなたは知っていますか?
”2人に1人は解雇されない程度に力を抜いて仕事をしている”ということを知っていますか?

これは世界的に有名な調査機関(ギャラップ社/パブリック・アジェンダ・フォーラム社)で分かったことです。

 

従業員は、「毎月の給料を早くちょうだい!」といった感じで一部を除き

できるだけ、楽をして仕事に手を抜こうとします。

これは、人の本能です。

 

従業員として働く場合、真面目に成果を出しても手を抜いてもそれほど給料が変わらない

ことが多いです。ですので、働くだけ損という考えを持っている従業員が多く

それを改善するためには、彼らをハイパフォーマーにする必要があります。

 

歩合給の制度を取り入れるというも一種の方法でしょう。

チャンスを与えれば、それを活かす人は必ず出てきます。

 

 

部下をハイパフォーマ―にする方法

 

では、どうすれば彼らの潜在意識を活用し、自発的に

モチベーションが高いハイパフォーマ―にすることができるのか

というと、著者のマイケル・マスターソンは、以下の2つの要素を

リーダーであるあなたが持っているべきと述べています。

 

それは、「魅力的なビジョンを設定する力」と「強い説得力」です。

この2つのスキルがマイケル・マスターソンが発見した優れた社長がもつ共通点です。

 

あなたが部下に100%の仕事をしてもらうためには、

この2つだけを身につければいいのです。

 

ほとんどの従業員は、手を抜いて仕事をしていますが、

それは、あなたが彼らをマネジメントできていないということを意味します。

上に立つ人間として、彼らをハイパフォーマ―として最大限の成果を

出せるようにすることは、会社が継続し、利益を上げていくためには必須ともいえます。

 

手を抜いて仕事をする従業員ばかりでは、将来性がありませんし、

給料を払うほど損をしていることになります。

人件費もバカになりませんので、払っている以上は、それをどぶに捨てることなく、

従業員には、できるだけ働いてもらって、成果を出してもらう必要があるでしょう。

 

 

「魅力的なビジョンを設定する力」と「強い説得力」を持つ、

優れたリーダーになり、部下をハイパフォーマ―にしたいというあなたには、

おそらくマイケル・マスターソンの「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」は役に立つでしょう。

 

>>マイケル・マスターソンの「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」の詳細

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!