高額教材買うなら、やっぱりダイレクト出版かな・・・

この記事は1分で読めます

 

ビジネス系の高額教材を買うならやはりダイレクト出版でしょう。僕の中では、ダイレクト出版はブランドになっていて、安心して高額教材を買える数少ない場所の1つになっています。(というかまともな会社ってここしかないのでは?)

ブランドの本質って「ここで買えば間違いない」と思えるような「安心」、「信頼」だと思っています。

実は、先日ダイレクト出版の某高額教材を購入しました。以前にもセールスされていたものですが、購入しないまま期限が過ぎてしまって、購入しなかったことをすごく後悔しました。で、そんなモヤモヤ感をかかえているときに、その教材の再販売が行われたわけですので、今度は躊躇なく購入しました。

高額教材の場合は、払った金額以上のリターンが得られるか吟味すると思いますが、そんなことをしている間に販売終了してしまったので、余計に「買わなかった後悔」をしました。

僕の経験上ですが、期間限定の商品があって、それを買おうかどうか迷ったときは、基本購入したほうが満足度が高くなります。購入しなかったら、それはそれでお金が守れるわけですが、レターを読んだときに感じた「俺の人生が変わる感」が消えて、人生が何も変化していない苦悩に悩まされることになります。

だから、期間限定の商材を迷った挙句に、購入しなかった場合は、後悔するケースが多いです。

で、実際に購入した場合はどうなるのか・・・というとネガティブになるどころかポジティブになります。

セールスレターを読んだうえで納得して購入した場合は、レターを読んだときに感じた「俺の人生が変わる感」が商材が届くと同時にさらに高まっていきます。

お金が減った痛み以上にそれが強くなります。だから、結果的に充実感は高くなります。

 

自己投資にお金を費やすことに損はない

さて、僕の経験上何が言えるのかというと、「迷ったら買え」です。お金をため込むよりもそれを使って新しい知識を得た方が、新しいインスピレーションやアイデアが生まれやすくなります。結果的にそれが人生を変える可能性もあるわけですので、何も行動しないよりからは、お金を使ってでも新しい「経験」「知識」を得た方が長い目で見ると得をするケースが多いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 11.27

    Amazon

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!