年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち伊藤邦生 書評レビュー

コピーライターのタイキです。

先日、「年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち」という本を

読みましたので今回は、それに関しての書評レビュー&内容ネタバレ感想

について話していこうと思います。

こちらの本です。

目を引くタイトルですね。「普通逆だろ!」って思ってしまいます。

著者は、 伊藤 邦生さん。

ダウンロード (2)
ゴールドスワンキャピタル株式会社代表。1976年生まれ。兵庫県神戸市出身。京都大学大学院理学研究科修了後、国内大手金融機関に11年間勤務。日本国債、ジャンク債、外債、債券デリバティブなどの債券トレーディング業務を担当する。その後、独立。サラリーマンに不動産投資で安定収入を得る方法を指南。すでに多数の成功者を輩出。自身も地方で収益物件を3年間に5棟、6億円分購入し、不動産から月200万円の収入が得られるようになる。不動産投資サービス会社・ゴールドスワンキャピタル株式会社を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ゴールドスワンキャピタル株式会社という不動産投資に関するコンサルティングを

行っているそうです。

伊藤 邦生さん自身は、不動産投資で生活できる基盤を作り上げたプロらしいです。

お金の奴隷になるな。お金の主人になれ

氏が「年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち」で述べたいことは、

一言で言えば、お金の奴隷になるな。お金の主人になれということです。

つまり、お金にコントロールされるのではなく、お金をコントロールせよ

ということです。

どうでもいいことですが、これどっかで聞いたことありますね・・・・

本田健さんあたりも同じことをいっています。

つまり、

1.貯金をする

2.無駄遣いを辞める

3.投資をする

という3つです。

例え、年収1000万円を稼いでいてもお金がたまらない人というのがいます。

というかほとんどがそうですが・・・

これはなぜかというと、収入が高くなればなるほど支出も増やしてしまうからです。

しかし、それをすると当然ながら資産はたまらず、貧乏になります。

一番意識をしないといけないのは、生活レベルを上げないということです。

収入が増えたからといって昼食に2000円をかけたり、レクサスを購入していたら

資産はたまりません。

この本は、お金の守り方と投資で増やす方法について書かれている本です。

が、両方とも表面的な部分しか触れていないのでやや内容が薄いです。

もう少し、お金の守りについて触れてほしいところです。

なぜならこの本では、支出を抑えろとしか書かれていないからです。

もし、「お金の守り」について知りたい方は、X-famliy officeというプログラムをおすすめします。

ダウンロード (3)

>>詳細はこちら

このプログラムでは、徹底的にお金の守りを学び、

例え年収が三百万円だとしても億万長者になる方法について公開されています。

成金が破産するのは、「お金の守り」を知らないからです。

「お金の守り」が固ければ、それだけでお金に悩むことはなくなります。

僕も既に聞いていますが、銀行の話や借金の話、など興味深い話ばかりで驚いています

もし、「お金の守り」を学んで例え年収300万円でも億万長者になる方法を知りたければ

X-famliy officeを聞いてみてください。

初月は、無料でお試しできるので、気に入らなかったらすぐにでも辞めることができます


トップ1%の富裕層のみが知るお金の帝王学が遂に公開!
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#7GDthr

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です