1. TOP
  2. 日々思ったこと
  3. 「会社の奴隷」なのに、人生の哲学をしても答えは見えてこない。

「会社の奴隷」なのに、人生の哲学をしても答えは見えてこない。

 2018/06/02 日々思ったこと この記事は約 2 分で読めます。

 

この21世紀の現代社会において、大多数の人は、「労働者階級」からスタートします。

つまり、会社の奴隷です。

 

言われているほど、自由じゃない。

むしろ、制限で溢れたライフスタイルからのスタートです。

 

サラリーマンなんていうオブラートな言い方されているので、多くの人は気が付いていないですが、本質的には会社員は古代ローマの奴隷と何も変わりません。

 

ご主人様にアメとムチでしつけされて、生かさず殺さず、働かされるのです。

だから、自由じゃないのです。

 

そんな状態で人生を哲学して、

「俺が本当にやりたいことは何か?」
「俺の生きる目的とは?」

とか考えても答えなんて出てこないと思います。

 

まずは、「会社の奴隷」からの脱出。

 

そのうえで、自分がどう生きていくか決めないと。

優先順位を間違えると、一生会社の奴隷をやるはめになるので、気を付けましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブロガーのビジネスモデルはきつい。既に飽和状態。

  • 疑似恋愛のアイドルと元気を貰えるアイドル。

  • 会社の仕事で自己実現はできません。社畜は「やりがい」を求めてはいけない理由。

  • PlayStation VR が欲しすぎる(笑)

  • 「で、君は何ができるのかね?」という質問に詰む人。

  • 国民が銀行制度や貨幣制度を理解していないことは良いことだ。もし国民はそれを理解したら、明日夜が明ける前に革命がおきるだろう。ヘンリー・フォード /フォード・モーター創始者