月収15万円のサラリーマンが億万長者になる方法。Mr.X

タイキです。

今日は、「月収15万円のサラリーマンが億万長者になる方法」

について話していきます。

仙人さん(Mr.X)というアメリカの起業家は、

ホームレスから資産数十億に成り上がりました。

仙人さん(Mr.X)って誰?:

https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#7GDthr

(今すぐクリック)

そんな彼が、月収15万円のサラリーマンが億万長者になる方法について

話しています。

以下引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Mr.Xからの回答」

もし、私が月収15万円のサラリーマンだったら、
以下のステップで資産家になります。


1: 家にある物、全てを www.ebay.com で売りさばき
とにかくキャッシュに変える。

2: 地元で一番安い幽霊アパートに引っ越す。
(家賃1万5千円程度、トイレ共同、風呂無し)

3: 年上の彼女を見つけて、おこずかい、食費をせびる。

4: 毎月の必要出費を4万円に抑える。
(食事は彼女にお弁当を作ってもらう、か、駅にある100円カレーを毎日食べる、風呂(銭湯)は一週間に3回しか入らない、か彼女の家でシャワーを浴びる、本は立ち読み、タバコは先輩にもらう、か拾いタバコ、電車は乗らずに自転車で通勤、など作戦を立てる

5: 残りの給料、10万円程度は全てはマーケティング、コピーライティングの教材に投資、
読み終わったらコピーしてから返品、もしくは www.ebay.com でコピーして売り捌く、この繰り返し、で知識を少しずつでも増やしていく。

6: 勉強した事を積極的に会社で試してみて、実践してみる。
そして少しずつ感覚をつかんでいく

7: 自信がついた所で会社の社長に、成功報酬で給料を上げてもらえないか聞いてみる

8: 貧乏生活を維持したまま、以上を繰り返し、知識と経験を
積み上げながら、あがった給料も全て教材につぎ込む

9: 試しに副業してみる、一人で稼げるか、小さく試してみる

10: 副業からの収入が会社からの給料を超えた所で、会社を辞めて独立

11: 貧乏生活を維持したまま会社を経営し、収入をどんどん上げていく、
が、全て教材につぎ込む、上のパターンを変えない

12: 年収5億円になるまで以上の貧乏生活を続けて、ひたすらストイックに
知識、経験をつむ

13: 年収5億円を突破したら、会社を販売してキャッシュに変える、
10億~20億円を手に入れる。

14: 2億円だけ定期預金に入れて、残りは全てプロの運用投資会社に
預けて年間10%のリターンを得る(年間1億~2億)

15: 年間1~2億円のリターンから毎月200万円だけをおこずかいとしてもらい
残りはまた全て運用口座に入れる、加速をつける、

16: 月に200万円の生活費を維持したまま投資口座を膨らませていく

17: もし投資口座に何かが起こっても2億円が定期預金にあるので安心

18: また違うビジネスを始めて以上を繰り返す、そしてそこからの
収入は全て投資口座にまた入れる、繰り返す

19: 投資口座額が数百億円になった所で、生活基準を少しだけあげる
毎月の出費を1000万円までOKとする

20: 大富豪に自動的になる

といった流れです。

基本的に、ストイックに知識・経験をつむ事に重視します。
恋愛、友人、遊びなどは一切辞めて一心に資産を築く事だけに
集中すれば可能だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用終了:http://www.improbic.com/blog/2007/11/mrx_11.html

ということです。

基本的には、まずサラリーマンの場合は、歩合給に

してもらうことが億万長者になることの最強の近道のそうです。

アメリカでは、成り上がった人のほとんどは、

セールスマンとして成功している場合が多いです。

というのもセールスマンは、売れば売るほどお金も稼げるからです。

営業の本を購入し、セールスのスキルを上げていけば

それに比例して成果も出せるようになります

そして歩合給ならば、成果を出せば出すほど給料も上がりますね。

それをさらに、自己投資したり、インデックスファンドに投資をしたりしろ

ということです。

かなり具体的な内容ですので、参考になりますね。

サラリーマンとして勤務して安定収入を得ながら

セールス、マーケティング、コピーライティングといったスキルを

上げていき、最終的に自分で会社を立ち上げる。

これが一番リスクなく、サラリーマンが億万長者になる方法ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です