お酒、タバコ、ギャンブル、テレビやゲーム、ポルノ、すべてやめろ

お酒、タバコ、ギャンブル、テレビやゲーム、ポルノは、

簡単にできる娯楽ですが、人を堕落した道へ歩み進めるものです。

というか、自分の人生に目的を持って、

生きている人間にとってこんなものに

嵌っている時間などないのです。

こういうのを、「偽の快楽」って言います

キリスト教的に言えば、サタン。「悪魔」の誘惑。

一時的に、気持ちよくなるだけで、

その人の人生を何1つ向上させようとしないもの。

冷静に考えれば、こんなものには、「価値」がないのです。

「価値」があるように見せられているだけで。

人生で感じる本当の喜びとは、「進歩」です。

今まで、自分の力ではできなかったようなこと。

それができるようになること。

人生の進歩が目に見えて分かるようになり、

大きな喜びと生き甲斐を感じて生きられるようになります。

僕が上記で上げたような「偽の快楽」が嫌いなのは、

人の才能を潰し、人の進歩を妨げるからです。

何の進歩もない人生ほど退屈でつまらないものはないからです。

旅をする、良い本を読む。

優れた友人と付き合う。

文学、音楽、美術、などの文化に接する

社会に価値を提供すること

最愛のパートナーとのSEX

新しい価値観や思考、視点、知識を学ぶ。

家族と過ごす楽しく時間

健康的で性エネルギーに溢れる肉体。

強いメンタル

収入をもたらす「資産」

本当に「価値」があるのは、こういうこと。

これらを手に入れるために、どんどん人生を進歩していくことこそ

幸福な生き方といえるでしょう。

酒やドラッグ、ギャンブル、てきちゃった婚などで

人生を破滅させている若者を

見ると哀れで仕方ないです・・・

本質が見抜けないと自分の人生そのものを破滅させます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です