藤原和博の必ず食える1%の人になる方法  書評レビュー

この記事は3分で読めます

 

突然ですが、非常に簡単な質問です。

 

1.あなたはパチンコをしますか?

2.ケータイゲームを電車の中でしますか?

3.本をまったく読まない(月1冊以下)生活ですか?

 

 

 

 

 

あなたの回答が3つとも「No」なら、

おめでとうございます。

 

あなたは、その時点で8人に1人の人材です。

 

「いきなり何だよ・・・」

と思ったでしょう。(笑)

 

ええ、すみません。

これは、「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」

という本に書いてあったことです。

 

著者の藤原和博さん曰く、

上記の条件をクリアできているだけで、

8人に1人の人材だそうです。

 

 

当たり前すぎる条件ですが、

考えてみれば、世の中には、

 

・本をまったく読まない人

・パチンコにはまっている人

・電車でケータイゲームをやっている人

 

は、それなりにいるわけです。

 

街を歩いていてもそれは、感じますね。

日本が平和すぎるせいで、ハングリー精神を持った人たちが少ないです。

 

もはやこういう人は、ライバルですらないのですが、

世の中の80%以上の人は、だいたいこんな感じです。

 

競争が厳しいのは、上位20%の中です。

テストで0→80点にするよりも、

80→100点にするのがはるかに難しいのと同じです。

 

上へ行けば行くほど、競争が激しくなります。

 

 

もちろん、「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」を

読む人やこのブログを読むような人は、向上心が高い人たちなので、

上の3つをクリアして、8人に1人の人材とか言われても

まったくうれしくもないでしょう。

 

 

「それは、わかったからもっと上へ行ける方法を教えてくれ」

と思っている方が大半でしょう。

 

 

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」は、

そういったニーズを満たすための本です。

 

トップ1%とは、日本人の人口1億三千万人のうちの

130万人になるということなのです。

 

年収でいうと、トップ1%の人たちは、

年収2000万以上ということになります。

 

 

つまり、

トップ1%になる=年収2000万以上

ということです。

 

(ちなみに、年収1000万円以上は、トップ5%。つまり、20人に1人です)

 

普通に考えてそれなりに、厳しい道だと思いがちです。

 

 

が、著者曰く、トップ1%というのは、

そこまで難しいものではないとのことです。

 

 

7つの条件を守ることができれば、

100人に1人になることができると言っています。

 

7つの条件のうち、3つは、既に上に述べた通りです。

あとの残りの4つ。

 

差がつくのは、ここです。

 

しかし、この4つの条件は、そこまで難しいものではありません。

僕もすでに目を通しましたが、誰でも実行可能です。

当たり前のように思えて、意識しないと見落としがちなこと。

それです。

 

 

ただ、知っているか知らないか。それだけです。

100人に1人の人材になるには、そこまで難しくはないのです。

この本を読んでいてそう感じました。

 

世の中やったもん勝ちですね。

 

希少性=価値

 

というのは、考えるまでもなくわかると思います。

そこらへんの石ころには、価値がないですが

希少性があるダイヤモンドには、高値がついていますね。

 

人という存在もその他大勢の人材になるか、

希少性を持つ人材になれるかどうかで、

その人の価値というのが、決まってきます。

 

そしてそれがトップ1%=年収2000万円以上

という数字に表れているのだと思います。

 

結局のところ、トップの人間というのは、

希少性が高く、代わりが効かないからこそ、高い収入を得ることが

できるのでしょう。

 

この本は、その「希少性」の高い人材になる戦略についてかかれている本です。

年収を上げたい人は、読んでおくといいでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!