藤原和博の必ず食える1%の人になる方法  書評レビュー

突然ですが、非常に簡単な質問です。

1.あなたはパチンコをしますか?

2.ケータイゲームを電車の中でしますか?

3.本をまったく読まない(月1冊以下)生活ですか?

あなたの回答が3つとも「No」なら、

おめでとうございます。

あなたは、その時点で8人に1人の人材です。

「いきなり何だよ・・・」

と思ったでしょう。(笑)

ええ、すみません。

これは、「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」

という本に書いてあったことです。

著者の藤原和博さん曰く、

上記の条件をクリアできているだけで、

8人に1人の人材だそうです。

当たり前すぎる条件ですが、

考えてみれば、世の中には、

・本をまったく読まない人

・パチンコにはまっている人

・電車でケータイゲームをやっている人

は、それなりにいるわけです。

街を歩いていてもそれは、感じますね。

日本が平和すぎるせいで、ハングリー精神を持った人たちが少ないです。

もはやこういう人は、ライバルですらないのですが、

世の中の80%以上の人は、だいたいこんな感じです。

競争が厳しいのは、上位20%の中です。

テストで0→80点にするよりも、

80→100点にするのがはるかに難しいのと同じです。

上へ行けば行くほど、競争が激しくなります。

もちろん、「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」を

読む人やこのブログを読むような人は、向上心が高い人たちなので、

上の3つをクリアして、8人に1人の人材とか言われても

まったくうれしくもないでしょう。

「それは、わかったからもっと上へ行ける方法を教えてくれ」

と思っている方が大半でしょう。

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 」は、

そういったニーズを満たすための本です。

トップ1%とは、日本人の人口1億三千万人のうちの

130万人になるということなのです。

年収でいうと、トップ1%の人たちは、

年収2000万以上ということになります。

つまり、

トップ1%になる=年収2000万以上

ということです。

(ちなみに、年収1000万円以上は、トップ5%。つまり、20人に1人です)

普通に考えてそれなりに、厳しい道だと思いがちです。

が、著者曰く、トップ1%というのは、

そこまで難しいものではないとのことです。

7つの条件を守ることができれば、

100人に1人になることができると言っています。

7つの条件のうち、3つは、既に上に述べた通りです。

あとの残りの4つ。

差がつくのは、ここです。

しかし、この4つの条件は、そこまで難しいものではありません。

僕もすでに目を通しましたが、誰でも実行可能です。

当たり前のように思えて、意識しないと見落としがちなこと。

それです。

ただ、知っているか知らないか。それだけです。

100人に1人の人材になるには、そこまで難しくはないのです。

この本を読んでいてそう感じました。

世の中やったもん勝ちですね。

希少性=価値

というのは、考えるまでもなくわかると思います。

そこらへんの石ころには、価値がないですが

希少性があるダイヤモンドには、高値がついていますね。

人という存在もその他大勢の人材になるか、

希少性を持つ人材になれるかどうかで、

その人の価値というのが、決まってきます。

そしてそれがトップ1%=年収2000万円以上

という数字に表れているのだと思います。

結局のところ、トップの人間というのは、

希少性が高く、代わりが効かないからこそ、高い収入を得ることが

できるのでしょう。

この本は、その「希少性」の高い人材になる戦略についてかかれている本です。

年収を上げたい人は、読んでおくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です