ブログに書くことは、間違っていてもいい。

タイキです。

ブログを書くことを難しく考えすぎている人が多いですが、

僕は、そこまで悩まなくていいと思います。

正直な話、ブログには何を書いてもいいのです。

書く内容が間違っていてもいいのです。

真実を書くのは、Wikipediaさんにお任せしましょう。

正しい内容を書かないといけない・・・

なんて力んでいると書くこと書けないですよ。

あくまで、ブログは、「個人の媒体」ですからね。

そこに学術的な証拠を求めている人などほとんどいません。

むしろ、読み手にとっては、

個人ブログで書かれていること=1つの可能性

に過ぎないということです。

だから間違っていようが何だろうが、

大切なのは、あなたの意見、価値観を述べることです。

本やWikipedia,ほかのブログのキュレーションで

記事を作成することだけは、やめてくださいね。

そんなものは、オリジナルコンテンツとは言えません。

グーグル先生にもっとも嫌われるパターンです。

僕だって、ブログで間違っていることを余裕で書きますよ。

もちろん、わざと間違っていることを書いているわけではなく、

その時点での自分のレベルで出てきたことを

素直に書いただけですが、後々それが間違いであったことに

気づかされるわけです。

そういうこと、長い間ブログをやっていると

しょっちゅうあります。

そういう時、僕は過去の自分を否定します。

素直に過去に書いたことが間違っていたことを否定して、

新たな意見、見解を述べます。

このブログでは、過去に情報商材のレビューをしまくっていた時期があり、

当時は、アクセスを集めるため、稼ぐには、

情報商材のレビューを書きましょう!

とかいっていた時期もあるのですが、

最近になって、情報商材の批判レビューはするべきではない

という結論に達して、新たに否定し始めました。

>>なぜ僕は詐欺情報商材の批判レビューをやめたのか?

このように、時間が立てば、自分の価値観も意見も変わるのは当然です。

あくまでその時、あなたが思った事、考えたことを述べていけばいいのです。

自分の進化として、価値観が変わる。

これを見せることで、読者はあなたの人間性を見出します。

ブログというのは、公的なメディアでも何でもありません。

自分のメディアです。

あなたがブログでやるべきことは、

あなた独自の世界観をブログを通して、作り上げていくことです。

間違ってるとか正しいとか気にしないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です