1. TOP
  2. お金
  3. お金持ちになる方法。仕事?投資?具体的に解説

お金持ちになる方法。仕事?投資?具体的に解説

お金 この記事は約 5 分で読めます。

 

コピーライターのタイキです。

今日は、お金持ちになる方法に関して解説していこうと思います。

 

僕は、今現在資産数十億円のアメリカの起業家が開催している

X-family 0fficeというプログラムに参加しています

 

今回は、そこで学んだ資産を構築する方法に関して話していこうと思います。

 

 

年収300万円でも億万長者になれる

 

まず、言えるのがたとえ年収が300万円でも億万長者になることが

できるということです。

 

「そんな馬鹿な!」と思われるかもしれませんが、

 

億万長者になる方法には、3ステップです。

 

それは、

 

1.お金をしっかりと守る

2.お金を資産に使う

3.お金が増える

 

という流れです。

 

この流れなしで億万長者になった人はいません。

 

テレビでよく見る芸能人や起業家は、収入が多いだけで

億万長者ではありません。厳に彼らの多くは数年後には破産しています。

 

 

収入が多い=億万長者

収入が低い=貧乏

 

ではないということです。

収入が多くなればなるほど、詐欺師やお金を狙う連中が集まってきます。

多くの人は、そういったことからお金を守ることができずに、破産してしまいます。

 

ですので、大切なのはお金を守るということです。

勿論、収入が多くてお金をしっかりと守れるならば、それに越したことはないですが

お金の守りが強ければ、年収が300万円でも億万長者になることは可能です。

 

 

「それは、お金を使わない質素な生活ですか?」

 

と思うかもしれませんが、そうではありません。

ただ、負債にお金を使わず、資産にお金を使うということです。

okanenonagare

 

金持ちは、資産が収入をもたらし、貧乏人は購入した負債がさらに支出を催すということです。

 

 

例えば、金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバートキヨサキ氏は、

持ち家は、負債であると述べています。

 

確かに銀行や賃借対照表では「持ち家」は資産ですが、

住宅ローンで購入した場合は、毎月の支払という名目でどんどんとあなたの財布から

お金を吸い出していきます。

 

 

資産:私のポケットにお金を入れてくれるもの

負債:私のポケットからお金を吸い出すもの

 

という定義を億万長者は持っています。

つまり、やるべきことは守ったお金を「資産」に使うことです。

 

 

「資産」とは何か?

 

では、資産とは何なのかという話ですが、

 

1.健康な肉体

2.家族との健全な絆

3.時間

4.スキル、知恵、経験

5.優れた人との人間関係

6.評判、信頼

7、ビジネス、自分の会社

8.不動産、株

 

などです。

 

こういったものが、「資産」です。

まずは、徹底的にお金を守るということをした後に、次はこういったいわゆる「資産」に

お金をつぎ込んでいきます。

 

こういった「資産」にお金を入れていけば、お金は増えていきます。

ほとんどの人は、何も考えずにお金を使っているから経済的に困窮しているのです。

 

 

お金を使うときは、

「これは私が払う以上の価値を私にもたらすのだろうか?」

ということを常に自問自答してからお金を使うようにしてください。

 

 

「お金の守り方」について

 

まず大切なのが手元にいかにお金を残すのかという話です。

そのためにも「お金の守り方」というものをしっかりと学ぶことが大切です。

 

僕が今参加しているX-family 0fficeというプログラムでは、「お金の守り方」を

学ぶことができます。

資産数十億円を築いたアメリカの起業家がお金の守り方、貯め方について

話してくれたプログラムが公開されました!

 

もし興味がある方は、参加してみてください。

月々4700円、初月は無料でお試しできます

ダウンロード (3)

>>トップ1%の富裕層のみが知るお金の帝王学が遂に公開!
(今すぐクリック!)

関連記事

  • 資本主義は銀行家によって仕組まれたマネーゲームに過ぎない。

  • シリコンバレーのビジネスエリートたちが実践する使っても減らない5つのお金のルール

  • お金を稼ぐのは簡単だ!使う方が難しい

  • バビロンの大富豪要約まとめ。感想書評。実話実践。ジョージ・S.クレイソン

  • 金持ちになる男、貧乏になる男。内容ネタバレ感想レビュー。

  • 年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち伊藤邦生 書評レビュー