1. TOP
  2. ダイレクト出版
  3. 7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術 書評レビュー&感想。

7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術 書評レビュー&感想。

 2016/09/22 ダイレクト出版 この記事は約 6 分で読めます。

 

コピーライターのタイキです。

マイケルマスターソンの「7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術」を

読みました。2016年8月の月刊ビジネス選書です。

 

bsy

 

こちらの本です。

 

僕、これを読んでまず、思ったのが

内容が具体的すぎるな・・・ということです。

 

内容が具体的だと実践することが分かりやすいのは、

間違いないんですが、今回の場合は、成功者の「行動」にフォーカス

している本です。

 

彼らのキャリアについて書かれています。

で、それを日本人が普通に真似できるのか、というと

状況というかスタート地点がまったく異なるものであるため、難しいんですね。

 

アメリカと日本では、状況が異なっている点も多いですし。

 

 

「7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術」(seven years to seven figures)

では、7年以内に最低1億円の個人資産を得るための方法が

公開されています。

 

 

で、マイケルマスターソン氏曰く、

 

1.収入を上げる

2.投資をする

3.複利を利用する。

 

という流れを経て資産を築くことを推奨しています。

 

ポイントとしては、

「投資をする前に、先に収入を上げろ」

といっていることです。

 

投資のルールとして、元金が多ければ多いほど、

お金の増え方も大きくなっていきます。

 

あまり収入がない状態では、投資に回せるお金もあまり多くはないので、

結果的に、お金もあまり増えないことになります。

 

だから先に、収入を上げて、投資に回すお金を増やしていくことこそが

資産を構築する近道だと言えるのです。

 

 

「7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術」(seven years to seven figures)では、

実際に、7年以内に億単位の資産を構築した9人のストーリー、体験談を収録されています。

 

 

さっきも言いましたが、

この体験談やストーリーは、具体的過ぎて

決して真似できるものではありません。

 

その時代、運、その人だからこそできたというだけであって、

再現性を求めるものではないということです。

 

ただ、本の最後には、短期間で資産を構築した人の共通点が紹介されています。

 

 

・高い収入を得ていた

・自分のビジネスを所有していた

・不動産投資をしていた。

 

などなど・・・。

 

参考になるのは、こういう部分です。

 

資産を構築した9人の体験談の中に、ところどころ、ビジネスのヒントが

ちりばめられているので、そういうのを目的に読んでみてもいいかもしれません。

 

まあ、ある程度本を読んでいて、自分なりの読書術がある人でないと

難しいかもしれませんが・・・・

 

>>「7年以内に、最低1億円の個人資産をつくる㊙︎資産形成術」の公式HPへ

 

 

個人的に役にたったことを上げておきます。

 

・ほとんどの人が成功しないのは、明確な目標を持っていないからだが、目標が多すぎて前進できない人もいる。

・株で利益を上げるのは至難の業である。

・人生で最も貴重なものは、実はタダである。

・収入が増えても支出を増やす必要がない

・売り上げを300%、400%、あるいは500%増加させることを望むなら、迷わずオファーの見直しをする。

・一度、顧客との関係が始まると、それに続く商品を売るのは容易になり、利益も大きくなる

・人は感情が高ぶると買い物の判断が不合理になり、多くの場合、同じものをもう1つ買ったり、似たようなものを買ったり、さらにまた同じものを買ったりする。

・販売やマーケティングをマスターする。

・自分の能力を信じる。

・仕事に対して情熱を持つ

・すごく好きなことを1つ見つけて、それを成功させるためにすべての時間とエネルギーを注ぎ込む

・①実現すると決意する。②戦略を決める。③それらを実行する。

・専門的なスキルの上にセールスライティングのスキルを加えると、強力な組み合わせが生まれ、市場での価値を上げることができる。

・分かち合うことや与えることは、ため込むことや獲得する事よりも価値がある。

・まずは、サイドビジネスから。小さく初めて徐々に大きく。

 

 

他にもいろいろなビジネスヒントがあると思いますが、

この本に興味がある人は、1度読んでみてください。

若いサラリーマンの方や大学生、起業志望者などにおすすめです。

 

というのも、これは別にノウハウがまとめられた本では、ないんですね。

 

成功者のストーリーが語られていて、ところどころに

収入を上げるヒントがちりばめられているので

自分でそれを見つける必要があります。

 

要は、お宝さがしですね。

ガラクタ山でお宝を探すような感じ(笑)

この本の内容のほとんどは、あなたにとって役に立たないもの

だと思いますが、ところどころで「価値のあるノウハウ」が

見付けられると思います。

 

もし、読む場合は、お宝を探すような感覚で読んでみましょう。

 

>>お宝探しをする!

 

 

1回読むだけだと、どうしてもヒントを見つけきれないので、

何度も読むことをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クロージングの心理技術21評判レビュー。ドルー・エリック・ホイットマン

  • バーチャルCEO 評価評判レビュー クリス・ダッカー

  • 大富豪の起業術 上下巻評価評判レビュー。マイケルマスターソン

  • クチコミ客を引き寄せる草の根マーケティング成功戦術大全評判レビューダンケネディ

  • 「右腕採用力」養成講座 ジェフ・スマート/ランディー・ストリート評判レビュー

  • 社長の生産性を上げるシステム思考術評判レビュー サム・カーペンター