フロントエンドとバックエンドのセールスコピーの違い。

コピーライターのタイキです。

今日は、フロントエンドとバックエンドのセールスレターの違いについて

話していこうと思います。

「フロントもバックエンドも一緒だろ・・・」

と思われている場合は、要注意です。

フロントエンドとバックエンドでは、どのようにコピーを書いていけばいいのか

という展開やコンセプトも異なります。

なぜなら、

フロントエンド:集客商品

バックエンド:利益商品

という明確な違いがあるからです。

フロントエンドは、新規顧客獲得のため。

バックエンドは、リピーター向けに売る商品です。

お客様との関係も信頼度も全然違います。

一人のコピーライターとして言わせてもらうと

できれば、フロントエンドでなく、バックエンドのコピーを書きたいです。

基本的に、売り上げの成果報酬なのですが、

その場合は、価格が低くくて売りにくいフロントエンドよりも

売りやすく価格が高いバックエンドの方が儲かるからです。

フロントエンドは、競合がいる中でその商品を選んでもらう必要があります。

さらに、お客さんはあなたのことを疑っていてる状況なので

コピーを書くのは、かなり難しいです。

それに対してバックエンドは、一度商品を買ってくれた人に対して

売ります。競合は関係ないですし、お客さんとの信頼関係があるので

しょぼいコピーでも売れることがあります。

要するに、フロントエンドのコピーは難しい

バックエンドのコピーは簡単

なのです。

やり手の社長とかになると、

難しくあまり儲からないフロントエンドのコピーを

ベテランのコピーライターに外注して、

バックエンドのコピーは、社内の安いコピーライターに書かせて

一人だけ儲かりまくりという状態を作り出すそうです。

実際、フロントとバックエンドではかなり難易度が違いますからね。

バックエンドは、お客様の声とか推薦文とか長いストーリーがなくても

売れることがありますが、フロントエンドの場合は、たくさんの競合にさらされています。

この違いがコピーの書き方に大きな違いをもたらすのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です