「週4時間だけ働く」の人がオナ禁のメリットについて語ってる(笑)

「週4時間だけ働く」で有名なティモシー・フェリス氏が

オナ禁のメリットについて語っています。

  • A dramatic surge in free testosterone and sex drive. Dozens of my seemingly healthy male friends, techies in particular, have approached me over the years about chronically low testosterone. There are many potential causes, including late-night blue light, but removing booze and porn appear to open the flood gates. Research (example, example) shows that alcohol reduces testosterone levels. So…should you be dating more? Trying a little harder instead of wanking, watching Battlestar Galactica, and calling it a night? This will help motivate you.
  • Increased ability to focus and cognitive endurance. This goes along with increased “T” mentioned above.
  • Getting roughly 50-100% more done. When you aren’t nursing hangovers, chewing up 3-4 hours per night with friends, destroying your sleep with booze, or procrastinating with porn (you know who you are) — miracle of miracles — you get more done! A LOT more done. In my mind, this alone easily justifies a 30-day booze and porn fast. You’ll clear off that goddamn to-do list faster than Speedy Gonzales. And remember: sex is still allowed.

こちらより

簡単にいうと、

・テストステロンレベルと性欲が上がった。

・集中力が上がった

・認知機能が高まる

・生産性が50~100%上がった

というのが、彼の主張らしいです。

なるほど、なるほどね。

「まあ、知ってましたよ」

僕もそれなりに、「オナ禁」について研究してきたつもりです。

本音を言わせてもらうと、ナポレオンヒルの本読んで、

オナ禁関連のブログを読み込んで、実践してきた僕としては、

オナ禁のメリットについては、感覚的にですが、

十分理解しているつもりです。

認知機能上がるのと、生産性が向上するのは実感できるとい思います。

頭の冴え方が変わってきます。

今まで書いた「オナ禁」関連の記事をまとめて置きます

>>オナ禁効果!成功者は性欲(性エネルギー)を活用したか?ナポレオンヒル

>>性欲と創造性は、同じエネルギー源。オナ禁じゃなくて「エロ禁」しろ

>>強烈な本能を創造的なものに転換せよ。その具体的なやり方を公開

追伸

しかし、「週4時間だけ働いて」残りの時間をオナ禁の研究に費やすとか

この人、超楽しそうな人生送ってますね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です