弱いコピーを強いオファーでカバーする事はできるが、 強いコピーで弱いオファーをカバーする事はできない

この記事は3分で読めます

 

 

だからオファーなんだよ、バカ!

 

 

とは、ダンケネディ先生が言っていることです。

 

ダンケネディ先生は、

 

・誰に

・何を

・どのように売るのか

 

が大切だといっていますが、

それができたら、ビジネスの成功は「オファー」に左右されるといっています。

要は、競合よりも強いオファーを作る必要があるということです。

 

 

オファーとは、「取引条件」のことです。

 

リンゴ1個:100円

パソコン:10万円

本:1500円

 

・・・・・etc

 

 

要は、提供する価値と金銭の取引条件のことです。

 

お客さんが商品を購入するのは、

 

価格<価値

 

になった時です。

 

払う価格以上の「価値」があると判断すれば、

お金を払いたくなるのは、理屈にあっています。

 

 

ただ、「価値」というのは、きわめて主観的なものであり、

客観的なものではないので、人によって大きく違うのですが・・・。

 

 

強いオファーとは、お客さんにとって払う価格以上の価値があること。弱いオファーとは、お客さんにとって値段相応、または価格以下の価値しかないということ。

 

 

で、コピーでこのオファーをカバーすることはできないわけですね。

逆に、オファーがコピーをカバーすることはできますが。

 

 

Huluやkindle unlimitedならコピーなんていらない。

 

僕にとって、強いオファーがある商品、サービスといえば、

HuluやKindle unlimitedがあげられます。

 

映画や本が好きな僕にとって、こういうオファーがあれば、

それだけで飛びつきます。お金払います。

勿論コピーなんて読みません。

 

コピーで買ったのではなく、オファーで買ったのです。

コピーで説得されて買ったわけではないのです。

 

明らかに、払う価格以上の価値があったから

「お金を払わない理由がない」と感じました。

 

 

下手くそなコピーであろうと何であろうと、

オファーが強ければ、購入するでしょう。

 

しかし、逆にこのオファー(取引条件)が弱ければ、

どんなに、コピーで説得しようとしてきてもまず、買わないです。

 

僕にとって、HuluやKindle unlimitedは、

月1000円で映画や本が読み放題というオファーが

魅力的すぎて、金を払いたいのです。

(コピーが下手とか上手いとかどうでもいいです)

 

結局のところ、売れるかどうかは、

お客さんにとって「強いオファー」であるかどうかだと思います。

 

 

 

僕は、コピーライターとして

既に完成した商品のコピーを書きなおす仕事をしているのですが、

これを常に感じています。

 

本当なら、商品作成の段階からかかわる必要があるのです。

そっちの方が売れますし。

 

コピーライターがこんなこというのもあれですが、コピーでどうこうできることなんて限られていて、結局のところオファーの強さがすべてです。コピーというのは、それに対しての装飾に過ぎないのです。

 

 

オファーが弱い商品のコピーを書いて売れないと

普通に、コピーライターのせいにされますよ。

 

僕は、それを強く感じていて、

一時期、バカのように下請けの立場でコピーを書きまくっていたのですが、

今は、ストップしています。

 

 

 

結局、コピーがある程度身につけば、他人の商品のコピーを書くより、

自分でDRM組んで、強いオファーの商品作成して、レター書いた方が儲かるのです。

しかも自動化できますし(笑)

 

 

コピーライティングやマーケティングを理解していない人間が作った

コモディティ商品のコピーを書くほど辛いことは、そうそうありません(笑)

 

 

 

Strong copy will not overcome a weak offer but..
In Many Cases, A Strong Offer Will Succeed  In Spite Of Weak Copy 

(弱いコピーを強いオファーでカバーする事はできるが、 強いコピーで弱いオファーをカバーする事はできない)

 

Gary Halbert(ゲイリーハルバート)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!