オウンドメディア記事専門のコンテンツコピーライターとは何者なのか?

コピーライターのタイキです。

最近では、オウンドメディアというのが流行してきています。

それに伴ってオウンドメディア記事専門のコンテンツコピーライターなる

仕事が誕生していきているそうです。

10年前には、存在すらしなかった職業ですね。

オウンドメディアとは何か?

オウンド‐メディア【owned media】

《自らが所有するメディアの意》企業が消費者に向けて発信するメディア。自社発行の広報誌やパンフレット、インターネットの自社サイトなど。自社メディア。

という定義があります。

「正直、ブログと何が違うんだ?」

っていう感じですが・・・

最近は、コンテンツマーケティングなどが流行しており、

その影響で自社メディアを持つ企業が増えてきました。

オウンドメディア事例について

僕もいくつかオウンドメディアを見ています。

1.バズ部

2.アスリートボディ

3.ビジネス心理学

僕が普段見ているのはここらへんです。

こういったサイトは、1記事1記事がかなり詳しく、深く書かれているのが特徴です。

1記事書くのに、かなりの時間もかかります。

僕もオウンドメディアに関しては、1記事書いたことがあるのですが、

5時間かかりました。

なぜかというと、ただブログを書くような感覚ではダメで

上記のオウンドメディアのように、かなり詳しく、深く書いていく必要があるからです。

その分野のプロではない限り、リサーチをして書いていく必要があるので

相当時間がかかります。

1記事の相場は、およそ1万円です。

ですが、これはわりに合わない仕事だと個人的には思っています。

僕は書きなれているのでライティングは、比較的早い方ですが

まったくブログやセールスレターを書いたことがない

ライターの経験すらない素人がオウンドメディアのコンテンツコピーライターになった場合は、

1記事書くのに、2日とかかかるかもしれません。

コンテンツコピーライターになるには・・・?

バズ部が成功させたメディア一覧

http://bazubu.com/case

コンテンツコピーライターになりたい方は、

上記のようなオウンドメディアをまずは、見つけましょう。

そして自分が記事を書きたいと思うようなメディアを発見したら、

後は、それを運営している会社にメールを送るだけです。

正直、いきなり素人がメールしたところで怪しまれますし、

無視されるかもしれませんが、

オウンドメディアを運営している会社のほとんどが

ライター不足で悩まされています。

そこに上手くあなたが

「最初はお試しで無料で1記事書きます。

それでよかったら1記事1万円でどうですか?」

という条件を付けていけば、

仕事が獲得できる可能性は高くなります。

肝心なのが、自分のライティング力を相手に分からせるということです。

ブログがあればそれでもいいですし、なければ、1記事無料で書いて

次からは、お金をとっていけばいいのです。

ただし、ライター経験がない人やまったくブログなどもやったことがない人が

いきなりオウンドメディアのライターになるのは難しいと思います。

なぜなら、オウンドメディアの記事を見れば、かなり作りこまれていると感じるからです。

ある程度なんらかの形で文章を書くという行為をしている人は、

やってみてもいいでしょうが、

・文章が苦手

・文章をあまり書いたことがない

という人には、いきなりオウンドメディアの記事執筆は

かなり敷居が高く感じると思います。

終わりに:コンテンツコピーライターは本業ではない

最後に、夢をこなすようであれですが、

コンテンツコピーライターは、それを本業にして食べていくものではないと

思います。1記事の単価で書くので自分が働かないとお金が稼げないですし、

オウンドメディアもいつ廃れるかわかりません。

本業ではなく、副業でちょこっと始めていくことがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です