小野 たつなり「悩み」は「お金」に変わる。評価評判口コミレビュー

コピーライターのタイキです。

先日、小野 たつなり(小野達也)さんの「「悩み」は「お金」に変わる」

という本を読んでみたので今回は、書評レビューです。

こちらの本です。

タイトルが興味深いな・・・と思ったので読んでみました。

著者は、小野たつなり(小野達也)さんです。

WS0000122

小野/たつなり
1986年埼玉県蓮田市生まれ。明治大学理工学部に入学するまでは、教師を目指し「エリートコース」を歩んできた。「自分で稼ぐ」ことを目指し、さまざまなチャレンジをするも、失敗続きでついに借金総額が100万円に。返済するために検索した「裏アルバイト情報」から稼ぐきっかけを掴む。そこから3ヶ月後に30万円稼いだことを転機に大学を中退し、独立を決意。初年度から6000万円の売上を出し、パソコン1台であらゆる商品をマーケティングし、手がけた商品はヒットを連続(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

株式会社バリューブレインとい会社を経営する若手の情報起業家です。

彼の商品は、買ったことはありませんが、ネット業界では割と有名な方だと思います。

ネオヒルズ系なので、個人的にはあまり好きではありませんが・・・

「悩み」は「お金」に変わる。について

この本は、興味深いタイトルをしています。

「悩み」は「お金」に変わる。というのは、情報ビジネスがまさにその代表例と

言えるのではないでしょうか。

現代の日本では、情報をお金で買う時代になっています。

情報をお金で買うのは、

・もっと良い生活を送りたい

・今の生活から抜け出したい

という欲があるからです。

つまり、「~を得たい」「~避けたい」という人の悩みがあり、

情報を購入することによりそれを解決できると思うからこそ人は、商品、サービスを買います。

著者(小野達也)は、情報起業家ですが別に情報ビジネスでなくても、

「悩み」は「お金」に変わる。ので誰かに価値を提供すれば、稼ぐことはできます。

先ほども言いましたように、

・もっと良い生活を送りたい

・今の生活から抜け出したい

という欲求を人はもっているので、情報であろうと何であろうと

これが達成できるものをお客に提供することができれば、稼ぐことはできます。

それは、情報でも物販でも無形商品、有形商品、サービスなんでもいいのです。

もっと稼ぎたい、収入を得たいという方は

どんどんと価値を提供していけばいいのです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入を増やす方法。収入を増やすためには・・・収入増やし方

この本では、特に具体的な稼ぐ方法は、公開されていません。

あくまで稼ぐヒントだけですね。

もし、具体的に「アフィリエイト」で稼ぐ方法を知りたいという場合は、

僕のメルマガに登録していただければ、無料でPDF150ページごえのアフィリエイト教材を

プレゼントいたします。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です