コピーライティングの4Uとは?

ヘッドコピーやサブヘッド、ブレッドに入れると

良いものができあがるとされる「4つのU」

①緊急性(Urgent)。ヘッドラインとブレットは、すぐにでもベネフィットを手に入れたいと望む理由を伝える必要がある。
②有益性(Useful)。ヘッドラインとブレットは、何か見込み客の役に立つような約束あるいは主張をしなくてはならない。
③独自性(Unique)。ヘッドラインあるいはブレットは、見込み客に対し、ある1つの具体的なことについて述べていると感じさせる必要がある。複数のことにまたがっていたり、いくつかの事柄の組み合わせではない。些細な点であったとしても、他とは違うと感じさせる、1つの具体的なことだ。独自性があれは、信じられる聞くべき何かを語っていると感じてもらえる。
④超具体性(Ultra-Specific)。これは、“4つのU”の中で恐らく最も重要だ。あいまいさは、初心者セールスライターが犯してしまう最悪の過ちであろう。また、あいまいなヘッドラインとブレットは、二流のコピーで驚くほどよく目にするものだ。

緊急性があって、有益性があって、

独自性があって、超具体的。

言葉でいうだけなら、簡単ですが

実際は、かなり考えるのに、苦労するし、書くのに時間がかかります。

また、この4つの「U」に加えて、さらに興味性(反社会性)を入れると

コピーでいわれている「フック(Hook)」ができあがります。

たくさんお金を稼ぎませんか?

有益性のみ。

月46万円をインターネットビジネスで稼ぎませんか?

有益性+具体性

A教授が開発した○○メソッドを実践すれば、

3か月で英語をマスターできます。

有益性+具体性+独自性

87%の男性にとって目から鱗!出会いを求めている女性が

集まる場所を教えます。そこで女性に「2つの質問」をしてください。

24時間以内に、その女性とベッドインできるでしょう。

有益性+具体性+独自性+緊急性

基本的に、様々な要素を入れることで、

ブレッドもヘッドも長くなりますが、

そうすることで、反応率が良くなる傾向にあります。

リサーチをしたら、後はじっくりと頭を練って考えましょう。

追伸

急いで書いたので、あまり例が良くなく、

胡散臭く感じたかもしれません。

ですので、ジョンカールトンが書いた伝説的なヘッドをご紹介します。

Amazing Secret Discovered By One-Legged Golfer Adds 50 Yards  
To Your Drives. Eliminates Hooks and Slices …  
And Can Slash Up To  
10 Strokes From Your Game Almost Overnight!  

日本語に訳すと、

「片足のゴルファーが発見した
 フックやスライスをなくして飛距離を50ヤード伸ばし
 ほぼ一晩でスコアを10ポイント減らす驚くべき秘密」

になります。

4つのU(有益性+具体性+独自性+緊急性)に加えて、興味が入っていますね。

これがフックであり、いわゆるビックアイデアです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です