セックスよりコピー書く方が好き・・・

かの有名なコピーライター、ゲイリー・ハルバートは、

彼女とのセックスを中断して、コピーを書いたようです。

かくいう僕もセックスよりも、コピーを書く方が好きです。

女との絡みよりも、ライティングを続けます。

それぐらい情熱のある分野。

あまり言葉で、説明できないけど、

コピーを書くのが楽しいのは、自分の成長につながるという自己実現の欲求と

良いコピーを書くと稼げるという金銭欲みたいなものが混じりあっていると思う。

だから、自分の人生において、かなり重要度が高くて、

情熱がありまっせ。

皆、セックスより好きなことを自分のビジネスにしましょう。

新しい発想だけど、セックスよりも楽しいと感じること、好きなこと、

情熱があることを自分のビジネスにしたら、絶対成功できると

思います。

美乳の女があなたを誘っている・・・・

それでも断ってでも、没頭したいことは何ですか?

たぶん、これが才能というか、天職と呼べるものなのでは

ないかと思います。

生きていれば、必ず好きなことってありますよね。

それを何とかビジネスにできないか、考えてみましょう。

「え?セックスより好きなことなんてない?」

・・・いいえ、あなたはまだそれを見つけられていないだけです。

ヒントは、

・あなたが日常で時間を割いていること

・お金を使っているもの

・子供時代に好きだったこと。

などにあります。

その中に、おそらくあなたの「才能」はあるでしょう。

追伸

どんな分野だろうと、こういう奴いますからね。

僕の友人にも、

「女とデートするより、投資の勉強している方が楽しいぜ」

とか言っている奴がいます。

(ちなみに、彼は投資をしながら、ブログで投資商材をアフィリして楽しく生活しています)

金のために、何かを始めた時点で、

情熱を持ってやっている人に、勝てるはずがないんだから

やるだけ無駄ですよ。

「Have to」の人間が「Want to」の人間に勝てるわけがありません。

ごたごた言う前に、自分の「天職」を見つけましょう。

そうすれば、

「世界は平和になる!」

・・・・・・気がする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です