なぜ僕は詐欺情報商材の批判レビューをやめたのか?

タイキです。

今回は、僕が昔にやっていた

詐欺情報商材の批判レビューをやめた理由について話していきます。

このブログも方向転換をするために、試行錯誤しています。

>>ブログの方向性を変えています。過去の記事はみないでください。

僕も過去には、情報商材のレビューを書きまくっていた時代もあります。

なぜなら周りの「稼いでいるらしいアフィリエイター」が

それっぽいことをしていましたし、アンリミテッドアフィリエイトなどの

有名教材でもその方法が推奨されていたからです。

今は、昔のような情報商材の批判レビューは特に行っていません。

レビューする教材は、自分が良いと思ったものだけに絞っています。

なぜなら

詐欺商材を批判したところでメリットがない

からです。

やればわかるのですが、販売者からサーバーを通して圧力がかかりますし、

それにレベルの低い人間が集まってきます。

基本的に、「○○ 詐欺」と検索して集まってくる人は、

依存体質が強く、情報弱者です。

煽りセールスレターを見て、それが気になって

わざわざ検索しているぐらいですので、

言ってしまえば、その程度の人たちです。

だいたい、いい年した大人が「詐欺詐欺」と喚くのはカッコ悪いです。

そんな人を集めるために、詐欺商材のレビューを書いたところで

何も意味がないですし、変に粘着されてもこちらが迷惑です。

メッセージは、自分の鏡

とはよく言ったもので、

レベルの低いことや低俗な記事を書いていると

質の悪い人間が集まります。

「○○ 詐欺」とかいかにもなことを書いていると

他社依存で被害者意識が強く、情報弱者の人間が集まります。

「私を稼がせてください!」

とかいったビジネスを舐めたマインドの奴が集まります。

ネットビジネスで稼ぐことを会社で給料もらうのと

同じように考えている人です。

本当は、雇われとネット起業では全然違うのですが

こういう人は、永遠に稼げるようにならないのでほっときますが・・・・

僕は、それが何よりも嫌だったので、

詐欺商材を批判することをやめたのです。

情報弱者のたまり場

になってしまうのです。

考えただけでもぞっとします、、、

認めたくは、ないでしょうが

あなたのもとに集まる人のレベル=あなたの発するメッセージのレベル

です。

くだらない商材を批判していると、くだらない人間が集まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です