美容院のセールスレター、コピーライティング、マーケティングについて

コピーライターのタイキです。

今日は、美容院におけるセールスレター、コピーライティング

について話していこうと思います。

先日は、飲食店について話したと思いますが、今日は美容院です。

その前に、初めに言っておくと僕は、飲食店、整体などのコンサルはしたことが

ありますが、美容院に関してはありません。

ですので、美容院については特別詳しいわけではないです。

しかし、僕は美容院ビジネスに関してはあまり知りませんが

インターネットマーケティングやコピーライティングという知識はありますので、

あなたの美容院の集客および売上を何倍にも上げることはできます。

要は、広告に関しては、熟知しているということです(笑)

ですので、売り上げが上がるセールスレターや集客ができるDM、チラシを作ることができます。

美容院におけるセールスレター、コピーライティング

どこの業界であろうと、セールスレターを作成するときは、

まず4つの質問を課します

.あなたは誰ですか?

.何をしてくれる人ですか?

.なぜそれが必要なのですか?

.なぜ今必要なのですか?

という質問です

これに答えた後、リサーチして得たものを肉付けしていくだけです。

リサーチでは、

・商品について

・見込み客について

・市場、ライバルについて

調べていきます。

美容院といっても店によっては、

値段か質か店のクオリティか、サービスかなど店が提供できるものもまた違います。

まずは、自分が売っている商品、サービスについて熟知しなければならないのです

そして見込み客は、「何をあなたから求めているのか」

ということも大切です。

先ほども言いましたが、人によって美容院を選ぶ理由、基準は異なります。

僕は、美容院に関しては値段が安いところを選ぶようにしています。

だからホットペッパーなどを見て一番安いところへいきます。

勿論、値段で美容院を決めない人もいます。

美容室の雰囲気、場所、上手い美容師がいる場所、イケメン、美女の美容師が多い店

などなど・・・

人それぞれですが、

あなたが見込み客に何を提供できるのか?

見込み客は、何を求めてあなたの商品を買うのか?

という点を理解すれば、大丈夫です。

後は、これらの要素に見込み客が知りたい情報やリサーチで得た情報などを

肉付けし、セールスレターを完成させます。

DMでもチラシでも看板でもHPでも同じです。

広告の1番の目的は、相手に行動をさせること

です。

セールスレターを書く際は、以下の要素を必ず入れるようにしてください。

◯お客さまのどんな問題を解決するのか
◯お客さまが自分で問題を解決できない原因
◯お客さまが問題を解決するための本当の解決策
◯解決策を実行した場合のお客さまにとってのベネフィット
◯あなたの美容院のサービスと他のサービスや商品との違い
◯価格の妥当性
◯お客さまが今すぐに行動しなければならない理由

です。
これらを理解しないと効果的なセールスレターは、

書くことができません。

何も考えずに、広告を出してもお客さんは、行動してくれないのです。

これらは、美容院だけでなく、飲食店、整体、サロン、スポーツジム、歯医者

などでもすべて同じです。

美容院におけるマーケティング

マーケティングに関しては、以前にこちらでお話しましたので

コチラの方を見ていただければ、と思います。

>>店舗集客方法とマーケティング。インターネットでの実店舗集客

追伸

コピーライティングや店舗集客についてお悩みの方は、

コチラからお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です