個人がブログ作るなら、キュレーションサイトはやめなさい。

タイキです。

大きくいって、ブログと言われるものには、

2種類あると思います。

それは、情報がまとまったキュレーションサイトのようなブログと

個人のキャラや価値観を売りに出したブログです。

前者の特徴としては、本当に情報だけがまとまっていて、

書き手の顔が見えないことです。

こういうブログの記事を読んでいると、

「本を読んでいる」と感じることが多いです。

後者の特徴としては、そのまま個人のキャラが出ているようなブログのことです。

記事の大半は、書き手の知識、経験、価値観により生み出されています。

それに合う人は、面白く読めますし、合わない人は、読みません。

読む人を選ぶメディアですが、ファンもアンチもできるのが

この類のメディアの特徴です。このブログとかもそうです。

僕は、両方のメディアをやっていたことがあります。

その経験から言えることは、

個人がブログをやるなら、自分を押し出した方がいい

ということです。

はっきりいって、情報をまとめただけのサイト(キュレーションサイト)などは、

誰が書いても同じです。

僕は、オウンドメディア等でライターをしていたこともあるので、

わかりますが、こういうメディアでは、個性を出さない文章を書くことが良しとされます。

なぜならライターが複数人いるからですね。

同じメディアなのに、それぞれ文体が違っていたらおかしいので、

あえて、個性のない文体に統一するのです。

そして、こういう系の記事は、書いててもぶっちゃけ楽しくありません(笑)

調べる→書く

の繰り返しです。

自分の意見や価値観を押し出すことは、許されず、

あくまで客観的な視点にたち物事を述べなければ、なりません。

要は、読んでて退屈なロジカルライティング(?)的な感じです。

だからつまらない。面白くない。

読んで役にたつかもしれませんが、それだけです。

こういう系の個性を排除したメディアは、

書き手にファンがつきません。

誰が文章書いても同じです。

ヤフーニュースの書き手のファンになったことありますか?

・・・ないですよね?

ヤフーニュースは、確かに役立つ情報ではあるが、

あれは、書き手の顔が見えないから、結局のところ

ファンなんかできません。

ブログをやっていくにあたって大切なことは、

「あなたが書いたから読みたい!」

と読者に思ってもらうことです。

あなた以外の人間でも書けるような文章なんて

意味がないですし、読み手の印象にも残りません。

個人が大企業に勝つ方法

大企業と個人があるテーマでメディアを作ったとしましょう。

その場合、圧倒的に有利なのは、資金も人もたくさんある大企業の方です。

例えば、ダイエット系のキュレーションサイトを作るとしたら、

個人が一人で金をかけずにやっていたら、

外注ライターを大量にやとって一気に、1000記事ぐらい書き上げることができる

大企業には、絶対に勝つことができないでしょう。

個人でも大企業に勝つ方法は、

しっかりと自分のメディアにファンを作っていくことです。

正確には、自分自身のファンを増やしていくことです。

「あなたが書いたから読みたい!」

こういうことを考えているファンが出来てくれば、

読者は、他のメディアの記事よりもあなたの記事を優先して読みます。

書き手のファンを増やせるかどうかがカギです。

書き手の顔が見えないメディアは、他でも代わりが利きます

http://dietbi.com/

http://dietbook.biz/

http://www.diet-pinky.com/

ダイエット系だとこういうメディアがありますけど、

こういうのは、書き手のファンになることはないですね、

どっかの大企業がもっとリソースを割いて、

これらよりもクオリティが高いサイトを作ったら、

すぐに読者離れを起こしてしまうでしょう。

個人が個性のないキュレーションサイトのようなメディアを

作るのは、自殺行為なんですよ。

はっきりいってリソースの無駄遣い。

個人がブログ作るなら、自分の価値観や思考、知識、経験を

全面に押し出したメディアにしてください。

個性のあるブログを作っていると、

最終的には、読者は、ブログのファンからあなた自身のファンに変わっていきますよ。

これこそが、あなたのファンを作り出し、

ニッチな層にとってのオンリー1を作り出すのです。

100人に、70点を付けられるより、

10人に、200点つけられるメディアを作りましょう。

炎上や批判を恐れず、情報発信していきましょう。

僕も最初、炎上や批判が来たときは、ビビりましたけどね。

今は、淡々と冷静に処理しています(笑)

こういうのは、「慣れ」を起こしていくものなんで

考えるよりも行動しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です