自己啓発本は、古くて古典と呼ばれ、名作なものほどよい

この記事は1分で読めます

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ

どうも、こんにちはタイキです。

僕は、ちょっと前までかなりの自己啓発本マニアでした。

読んだ本は、おそらく200冊以上だと思います。

 

そんな生活もとある理由で終わりを告げたわけですが、

自己啓発本は、やはり昔に出版されている名著と呼ばれるものほどいいです。

 

多くの人に読まれているというものは、やはり一つの基準になると思います。

 

昔からある自己啓発本ですが、

そのルーツは、東洋思想の宇宙一元論と言われています。

 

これは、万物は一つ、一つは万物という

考えに基づいています。

 

これがエマーソンやスピノザやライプニッツに引き継がれ、そこからアメリカで成功哲学という

ものが生まれたといわれています。

 

自己啓発は、最近では科学としても扱われています。

それは、遺伝子という物質が明らかになったからです。

 

単細胞生物から類人猿、新人類から今のあなたまで遺伝子を通じで情報が

つみこまれています。

 

これが普段眠っているあなたの力であり、知能であり、宇宙です。

 

だから人が潜在能力を活用して思わぬことを成し遂げるのは科学的にも正しいのです。

 

古い自己啓発本だとこのようなことに言及されていませんが、

それでも多くの人が読んできただけあって内容が濃いです。

 

最近は、夢をかなえるゾウとかエンターテイメント的な自己啓発本が出てきましたが、

ああいうのではなく、成功するのが目的ならば、昔ながらの自己系本を読むといいでしょう。

当たり前ですが、今でも十分通じますので。

 いつも応援ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!