ブライアントレーシーが教える最強の営業 評判レビュー口コミ

コピーライターのタイキです。

先日、「ブライアントレーシーが教える最強の営業」という本を

読んでみましたので、今回はその感想について話していこうと思います。

こちらの本です。

ブライアントレーシーというと、一昔前にブームがあった

「昔の人」という印象を持っている人が多いかもしれません。

僕もそう思っていたのですが、ここ最近

彼の著作がどんどんと翻訳され、日本でも出版されているそうです。

こちらは、未読ですが

「ブライアン・トレーシーが教える 最強の時間」

という本も出版されています。

やはり、ブライアントレーシーというと、セールスマンの成功者というイメージが

強い人です。ザ・パーフェクトセールスプログラムという高額なセールス教材を

出しているからです。

ブライアントレーシーが教える最強の営業

さて、ブライアントレーシーが教える最強の営業なんですが、

昨今、大量に出版されているテクニックが羅列されたような

営業本と比べるとはるかに、わかりやすく、実践しやすいと思いました。

「この言葉がいい」とかそういったテクニックともいえないような

ことさくは、ありません。

ぼくとしては、それだけ「ブライアントレーシーが教える最強の営業」

で書かれていたセールスノウハウが参考になりました。

やや、自己啓発よりっぽい本ですが、

個人的には、コピーライティングを学んでいる方にもおすすめしたいと思います。

なぜなら、コピーライティング=セールス

だからです。

コピーライティングも対面はしないものの、セールスレターを通して

商品を売る役割があります。

そしてそれは、1対1のセールスにも通ずるものがあるからです。

ブライアントレーシーが教える最強の営業で

セールスを学ぶことによって、営業スキルだけでなく

コピーライティングのスキルもまた向上していくでしょう。

この本、「営業本」のおすすめリストに入れておくことにしました。

>>営業(セールス)の本でおすすめは?ランキングベストセラー

この本を読むと、営業なんて本当にシンプルであることが分かります。

1.顧客に質問をして、悩み、不安、欲望を聞き出す

2.それを解決できる商品があることをプレゼンテーションする

3.クロージングする

という3ステップです。

対面営業とセールスレターの最大の違いは、

その場にお客さんがいないので、彼が何を考えているのか

あらかじめリサーチしておかなければ、ならないことですね。

対面営業なら、相手の表情、ボディランゲージ、などでわかりますし、

質問等をすれば、相手が購入を戸惑っている理由なども聞くことができます。

しかし、セールスレターの場合はそれができないのです。

だからこそ、売れるセールスレターを書くというのとても難しいことですし、

コピーライターは、徹底的にリサーチしなければならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です