キャッチコピーの書き方とコツ。コピーライティング。ヘッドライン

Youtubeで見る場合はこちらをクリック!

コピーライターのタイキです。

今日は、コピーライティングにおける「キャッチコピー」の書き方に

ついて話していこうと思います。

キャッチコピーとは?

キャッチコピーとは、何かというとセールスレター、広告のタイトルのようなものです。

一番目立つ場所にどかどかと書いてあります。

例:

1

セールスレターにおけるキャッチコピーの目的、役割は1つです。

それは、とにかく読み手の注意を引き、

「先を読みたい!」と思わせることです。

基本的に人は、セールスレター(広告)なんて読みません。

売り込まれたくないですし、退屈で面倒だからです。

だからこそ、キャッチコピーで読み手の注意を引かせて

先を読ませることが大切なわけです。

まず、このキャッチコピーおよび広告の第一印象で

読む人間が多くなるか少なくなるか決まり、それが当然売り上げにも影響します。

キャッチコピーで注意を引けなければ、読まれないですし、

興味深くて先を読みたいと思わせれば、読まれます。

キャッチコピーでやってしまいがちなこと

では、次にキャッチコピーで失敗してしまう原因になることについて

話していきます。

#1.ターゲットを絞れていない

まず、何らかの商品のセールスレターを書く際には、

誰がターゲットなのか明確にすることが大切です。

これがあいまいな状態では、見込み客に響くコピーを書くことができません。

#2.平凡でつまらない

例えば、キャッチコピーが

「おばあちゃんが、転倒!」だと平凡でありきたりすぎます。

特に、興味深いとも思いませんので読みたいな・・・とは思いません。

しかし、

「英語を話さずに、金髪アメリカ美女を彼女にする方法」

だと一般的な常識とかけ離れているので興味深いですよね?

大切なのは、注意を引くということです。

#3.商品を売り込んでしまっている

商品自体の売り込みは、キャッチコピーではなく

ボディコピー(セールスコピー本文)で行います。

いきなり売り込みだと人は逃げます。

まずは、キャッチコピーで注意を引き、ボディコピーを読んでもらう感じです。

キャッチコピーの書き方のコツ

では、

具体的にどうやってキャッチコピーを書けばいいのかということですが、

その前にもう一度キャッチコピーの目的、役割を頭に叩き込んでください。

キャッチコピー(ヘッドライン)の目的は、とにかくその広告を読んでみようと思わせる事。

です。

大切なのは、

・イメージしやすく具体的であること

・長すぎないこと

・興味性の要素を入れること

・見込み客のベネフィット、または恐怖

・無料で○○プレゼント

などの要素を入れることにより

良いキャッチコピーを書くことができます。

X-power:セールスレターはこちら

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e

X-family 0ffice:セールスレターはこちら

2

キャッチコピー(ヘッドライン)の目的は、とにかくその広告を読んでみようと思わせる事。

です。

そのためには、まずは商品をリサーチし、ターゲットを絞り

彼らの悩み、痛み、フラストレーションを把握し、そのうえで

興味深く先を読みたくなるキャッチコピーを作っていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です