デイヴィッド・オグルヴィの「売る広告」について

この記事は2分で読めます

 

タイキです。

先日、デイヴィッド・オグルヴィの「売る広告」という本

について読みました。

 

こちらの本です。

著者のデイヴィッド・オグルヴィ(David Mackenzie Oglivy)は、

広告の父と呼ばれるほどです。

 

といっても業界の人間以外は、ほとんど知らないと思います。

彼は、かの有名なオグルヴィアンドメイザー社の設立者です。

 

オグルヴィアンドメイザー社は、国際的な広告会社として有名ですね。

もちろん日本にも支社があり、採用活動も行っているそうです。

かなりハードル高くて驚きますが(笑)

 

オグルヴィアンドメイザー社

http://www.ogilvy.co.jp/jp/

 

 

デイヴィッド・オグルヴィの「売る広告」について

 

デイヴィッド・オグルヴィの「売る広告」を読んだのですが、

この本は、広告の事例と共にテクニックを解説したものです。

 

絶賛している人も多いですが、

正直僕にとっては、読みづらくて仕方なかったです。

 

ところどころ参考になることは、

書いてあるのですが、いかんせんやはり内容が古く、

今では使えないテクニックもあります。

 

広告は、すべて英語ですし、

本の文字もかなり小さいです。

 

正直、これでコピーライティングを1から学ぶことはできないでしょう。

ある程度、他の本や教材などでコピーがわかっている人が

これを読む面白いかもしれません。

 

文字がぎっしりと詰まっていて、読みにくい。

ただそれだけです。

 

いい本なんですが、これが大きなマイナスポイントですね。

 

追伸

こちらの記事もよければ、どうぞ

>> コピーライティング本おすすめ!初心者が勉強用に・・・

>> マーケティングの本でおすすめ!初心者でもお勧め書籍。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人について(About Me)

_1_navi_small

Author:タイキ (taiki)

低賃金ウェイターとしてブラックアルバイトで苦しんでいた日々を送るが、ベストセラー本の「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだことがきっかけで起業を目指し始める。

大学で専攻していた経営学が「机上の空論」であることを悲観し、マーケティング、セールス、コピーライティング、リベラルアーツなどを猛勉強する。

そして上智大学に通いながらも、20歳の時に、ITビジネスで起業。

現在は、アメリカの最先端のマーケティングおよび行動心理学を土台にし、自分が書いた文章から、自動的に富を生み出す仕組み【不労所得)を構築するマネタイズライターとして活動中。

自分が書いた文章が興味⇒信用⇒行動と人々を心理誘導させるため、自分が働かずとも報酬が発生してしまう不労所得システムが構築されている。

このブログの目的は、学校で教えてくれない新時代のオンラインノマドビジネスを布教し、仕事やお金のことで悩む人を1人でも多く減らしたいという理念を抱いている僕のアウトプットの場所として活用しています。

座右の銘は、「学びて富み、富みて学ぶ」。

インプット→アウトプットを繰り返し、成長する日々を送っている。

ちなみに、

ΣΟΦΙΑ(sophia )とは、ギリシア語であり、意味は

「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」(上質な知恵)

である。

このブログの情報も「sophia 」たらんことを意識して発信している。

”God helps those who help themselves.” 
(天は自ら助くるものを 助く)

I'm a Christian. This is my bible

働かない、怠けることで逆に収入が上がってしまう!?

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

え?これが無料で(Free)

無料

Youtube

Facebook

おすすめ情報商材一覧

まだ買うな!