ユージン・シュワルツの33分33秒の法則について

コピーライターのタイキです。

今日は、33分33秒の法則について話していこうと思います。

33分33秒の法則とは、1950~1960年代に活躍した

アメリカのコピーライターのユージン・シュワルツ(Eugene Schwartz)が提唱したものです。

EugeneSchwartzHead

ユージン・シュワルツ(Eugene Schwartz)は、著作を9冊残し、

沢山の大成功したセールスレター、そして世界的に有名な出版会社に

寄稿しました。

彼は、これを週に5日、1日3時間の作業のみでやりとげたと語っています。

なぜここまで仕事が早い、効率よく行えたのかというと

それが、彼の提唱している33分33秒の法則のおかげであるということです。

He set a small kitchen timer to 33.33 minutes and pressed the start button.

彼は小さなタイマーを33分33秒にセットする。

33分33秒の法則とは、

  1. 彼は、コーヒーを飲んでもよい。
  2. 彼は、窓や壁を見つめてもよい。
  3. 彼は、座って33分33秒間まったく何もしなくてもよい。
  4. 彼は、広告を書いてもよい。
  5. 彼は、どんな理由にせよ席を離れてはいけない。
  6. 彼は、他のことをしてはいけない。

ということです。

とりあえず、33分33秒の間は、椅子に座っています。

その時に、レターを書かなくてもOKです。

タイマーが切れたら、椅子から離れて10~15分ぐらい休憩です。

そしてまた戻って同じことをします。

このシンプルな仕事術で、ユージン・シュワルツ(Eugene Schwartz)は、

週5日1日3時間の作業で、著作を9冊残し、沢山ある成功している広告、

数え切れないほどの記事を達成したのです。

33分33秒の法則について

これのポイントは、33分33秒という数字ではなく、

メリハリをつけていることでしょう。

仕事をする時間とそうでない時間をわけて考えているので

彼は、短時間で爆発的な成果を上げることができたのです。

仕事のできない人ほど、残業をして長時間労働をしようとしますが、

生産性があるとはいえず、だらだらとしてしまうケースが多いようです。

僕もブログは、30分以内に書くというルールを決めたら、

ブログを書くスピードがどんどん速くなってきました。

前は、だらだらとネットサーフィンをしながらブログを書いていたので、

1記事1時間とかかかっていたのですが、今では24分くらいで書けます。

タイムリミットを決めるだけで、仕事の生産性というのは、

大きく変わってくるので、ぜひ実践してみてください。

長時間働けば、仕事ができるわけではなく、

集中する必要があるということです。
nbsp;

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です