フックとUSP。コピーライティングにおけるこれらの概念

コピーライターのタイキです。

コピーライティング、マーケティング分野で

よくUSPとかフックとかいう言葉を聞くと思いますが、

これらの意味を正確に理解している人は、ほとんどいません。

ですので、

今回は、僕がUSP、フックについて意味や使い方について

分かりやすく解説していこうと思います。

コピーライター、マーケッターの方は必見です。

USPについて

まず、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)

とは、

自社製品や自社が持つ独自性の売りです。

例えば、有名な話ですがドミノピザは開業当初まったく

売れなくて、倒産しかかっていたのです。

彼の店は、ミシガン州のキャンパス街にあり、

ターゲットは、近隣の大学生です。

そこでトーマス・S・モナソンはこのような広告を打ちました。

「熱いピザを30分以内にお届けします。遅れたら値引きします。」

これがUSPです。

自社、自社製品がお客さんに対して持つ明確な商品、サービスのメリットですね。

これが評判になり、ドミノピザは大成功したのです。

多くの人がUSPについて誤解しているのが、

自分の販売方法やマーケティングをUSPだと思ってしまうことです。

しかし、お客にとってはそんなことはメリットでも何でもないので

興味がないのです。

大切なのは、

自社製品の独自性+お客のメリット=USP

です。

USPは、売る側からでなく、買う側の視点ではじめてつくられるものなのです。

競合よりもいかに優れた価値を提供できるのか?

というのが大切です。

自社製品、サービスを買うことでしか手に入らないメリットをお客に明確に

伝えることができれば、USPを作ることができます。

コピーライティングのフックとは?

フックとは、人の注目を集め、そしてコピーの世界に引き込むことが

できる、文言のことです。

「何だこれは?先が気になるな」

と人々に思わせてコピーに入りこませて一気に商品の購買まで

持って行かせることができるのです。

人を引き付ける力をもつ強力なツールがフックです。

激しい言葉を使っている場合が多いですね。

例えば、

45歳童貞、1日6時間を高画質AVを見て

トランスオナニーに耽っていた、

社会的恋愛弱者が半年で23人の巨乳美女と

裸体を密着させる仲になれた驚くべき方法とは?

みたいな(笑)

とにかく読み手が

先が気になりすぎてしかたない

と思わせるコンセプトをフックと言います。

このフックの見つけ方ですが、

アメリカで有名なジョン・カールトンというコピーライターは

・クライアントのインタビュー

・自分自身のインタビュー

・掘り下げる

・ゴシップ、意見、うわさ話、社会通念、競合、神話、伝説、ポジショニング

• 人の心をつかむ販売要素の不調和な組み合わせ

などの方法で見つけることができるといっています。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です