ランディングページの役割、目的。構成要素。意味は?作成(LP)

コピーライターのタイキです。

ランディングページ(LP)の役割、目的と構成要素、

について話していきます。

セールスレターについては話してきましたが、

実はまだランディングページについては話していません。

ランディングページの意味は?

ランディングページとは、狭義では、

見込み客に、メールアドレスなどの個人情報を起こしてもらうオプトイン

をしてもらうことが目的です。

資料請求、E-book無料プレゼント、無料モニターなどと引き換えに

見込み客に、オプトインしてもらうためのページをランディングページと言います。

ランディングページの役割とは?

ランディングページの役割は、1つです。

見込み客に個人情報を残してもらうことです。

そのために、ランディングページに情報を詰め込んで

それを見ている見込み客をオプトインに誘い込みます。

オプトインするベネフィット、しなかった場合のデメリットなどを

語ると効果的です。

ランディングページの目的とは?

オプトインが目的ならば、あんな縦長の1カラムのランディングページは

必要あるのか?と思うかもしれませんが絶対に必要です。

例えば、

メルマガ登録はこちら!

名前
メールアドレス
こんな風にポンとフォームだけあってもなかなか登録されません。
当たり前ですよね?
これだと何か怖いですよね?
見込み客は、オプトインするとどんな結果が得られるのか?
知りたいのです。

ですので、このようにフォームだけおいても

なかなか登録されません。

あのような縦に長いランディングページが出来上がります。

最近では、動画のランディングページ(ビデオランディングページ)も

ありますが、その話はまた今度します。

成約率が高い効果的なランディングページ

最後に成約率が高い、効果的なランディングページの構成要素について

話していきます。

これらの構成要素を入れてランディングページを作成すれば、

成果の高いランディングページを作ることも可能になります。

その構成要素とは

1.問題点を語る

2.敵を語る

3.解決策の提示

4.行動を促す

の4ステップです。

1.問題点を語る

これは、まず見込み客は何らかの問題を抱えてランディングページを見ている

ということですのでその問題点を語ってあげるのです。

例えば、ダイエットに悩んでいる見込み客を相手にするなら、

遂に判明!

食事制限をしても絶対に痩せることができない理由

とかいうキャッチコピーにして問題点を語ったりします。

すると、食事制限のダイエットをしている見込み客は気になりますよね?

これが問題点を語るということです。

2.敵を語る

次に、問題に悩んでいる見込み客に対して

それが解決できない原因、敵を語ります。

「それは貴方のせいです」

とかいってしまうとそれだけで成約率は下がるので注意してください。

誰も見知らぬ人から説教を受けたくはありません。

3.解決策の提示

問題を語った後に、解決策を提示します。

まったく空腹を我慢することなく

朝にあるものを飲むだけで痩せる方法があります。

4.行動を促す

解決策があるから相手にオプトインすれば、

それが手に入りますよ。

ということを伝えます。

登録した場合のベネフィット、登録しなかった場合のデメリットを

語ると効果的です。

1.問題点を語る

2.敵を語る

3.解決策の提示

4.行動を促す

の4ステップです。

を入れれば、効果的なランディングページを作ることができます。

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です