1. TOP
  2. おすすめ本
  3. ハイパワーマーケティング要約まとめ。ジェイエイブラハム。書評

ハイパワーマーケティング要約まとめ。ジェイエイブラハム。書評

 2015/11/19 おすすめ本 マーケティング 有名人関連 この記事は約 4 分で読めます。

 

コピーライターのタイキです。

マーケティングの書籍でとても質の高いものとして

ジェイ・エイブラハムが書いたハイパワーマーケティングという本があります。

こちらです。

有名な本ですし、神田昌典さんやダイレクト出版などが

よくメルマガなどで推薦しているの読んだことある人は、

多いでしょう

 

分厚いのですが、割と軽くすんなりと読める内容になっています。

 

今回は、まだハイパワーマーケティングを読んでいない方のために、

要約まとめ、そして書評についてしていこうと思っています。

 

 

ハイパワーマーケティング ジェイエイブラハム 要約まとめ

 

まず、ジェイが一貫していっているのは、

 

あなたの一番の顧客は、既存顧客だ

 

ということです。

多くの企業は、大量の広告費を書けて新規顧客を獲得しようと

やっけになりますが、実はそんなことをするよりも一度あなたの商品、サービスを

買ってくれたお客さんに対してもう一度リピート購入やクロスセル、アップセル、バックエンドを

売ったほうがビジネスでの売り上げは上がるということです。

 

20:80の法則(パレートの法則)というのがあります。

あなたの会社の売り上げの80%は、20%のお客さんによってもたらされているのです。

あなたの会社の売り上げの20%は、80%のお客さんによってもたらされているのです。

つまり、極端な話、この20%のお客さんだけに注力しても大丈夫なのです。

 

むしろ、そうするべきなのです。

 

そのために、一度あなたの商品、サービスを購入してくれたお客さんに対して

DM,メール、電話、FAXなどを送り、再び購入してもらうということです。

 

購入するときには、必ずリストをとっていることが前提です。

小売り店ならば、ポイントカードから優良顧客を割り出して

その人たちに、割引や特典、プレゼントなどを送ります。

 

とにかく、ジェイがいっていたのは、

 

あなたの一番の顧客は、既存顧客だ

 

ということです。

広告費を書けて新規顧客を獲得すれば、稼げるというわけではないのです。

 

 

ハイパワーマーケティング 書評

この本は、巷に多くある机上の空論であるマーケティング本とは

一線を画します。

 

ジェイは、机上の空論を嫌い、実践的なマーケティングが受けて

大成功したマーケッターです。

この本は、大企業だけだなく、中小企業、個人事業主でも使える

実践的なマーケティング手法です。今のところこれより実用的な

マーケティング本もなかなかないと思いますね。

 

個人事業主、中小企業の社長、マーケッター、コピーライターは

必読です。

 

追伸

マーケティングのおすすめ本は、

http://taiki01.com/marketingcompanies-16969

 

コピーライティングのおすすめ本は、

http://taiki01.com/kmp-16000

 

で紹介していますので興味があればどうぞ。

 

タイキの自由になるための特別講座のご案内

プレゼンテーション1
現在、初心者からでもネットだけで

月26万円以上稼げる方法をメルマガにて無料で公開しています。

 

さらに、アフィリエイト初心者のために

初心者が月10万円を確実に稼げるようになるための

 

教材(24800円相当)を無料プレゼントしていますので、

興味がありましたら、下からどうぞ。

>>プレゼントを受け取る

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

リベラル・ライフ(liberal life)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リベラル・ライフ(liberal life)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 感情的価値と機能的価値とは?違いや意味と価値を上げる方法について

  • 集客できる情報発信のやり方。Webサイトマーケティング。うまくいかない悩みがあるあなたへ

  • ブランドって結局は客から見たイメージ。

  • シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

  • 純粋にサラリーマンはかっこ悪い。【社畜の人は閲覧注意】

  • 情報商材コンテンツ作成方法。結果と現状のギャップから作り出す。