究極のマーケティングプランは古いのか?

タイキです。

先日、ダンケネディの究極のマーケティングプランという本を

読みました。

こちらの本です。

神田昌典さんが監訳して、絶賛しているということから

前々から気になってはいたものの

先日、ようやく読むことができました。

率直な感想を言うと、これはかなり良い本だと思います。

原著が書かれたのが20年ほど前ですので、現在では使えなくなっている

テクニック等もありますが、その分一生使えるマーケティング知識も

沢山のっています。

・USPとは何か?

・3m

・口コミマーケティングについて

・マスメディアを使ったマーケティング

などについて紹介されています。

正直な話、かなりマーケティングを勉強している人にとっては

あまり得る物がないでしょう。

これはあくまで今までダンケネディやジェイエイブラハムの本を

読んだことがなく、DRMについてあまり詳しくない人が読むと

いいと思います。

既に、それらの分野を知り尽くしている人間は、

あえてこれを読むほどではないと思います。

ただ、初心者の人にとっては

マーケティングを基礎から理解して実践するためのバイブルに

なっていくでしょう。

最後に、究極のマーケティング切り札と大罪dについてまとめて起きます。

究極のマーケティングー切り札と大罪

切り札

1.最高のUSPを見つける

2.間違いなく理解してもらう

3.良く考え、仮定や推定を一切排除する

4.毎回常に、行動を起こしてもらうように頼む

5.ふさわしいターゲットに合わせて仕立てたメッセージを伝える

6.相手は頑として信じようとしないことを頭に入れてメッセージを展開する

7.売り物を証明する写真を見せる

8.イメージを統一する

9.変え続ける

10.電話をかけてきた相手の情報を聞き出して売り込む

11.電話でさらに売り込む

12.テレマーティングは、ダイレクトメールの後で行う

13.資産を共有してうまくマーケティングする

14.感謝の気持ちと敬意でお客をもてなす

15.既存の商品やサービスを買ってくれる新規客を探すのではなく、

既存客のために新しい商品、サービスを開発する

16.ずばぬける

17.「大ファン」を作る

大罪

1.興味をそそらない

2.間違ったターゲットに向かって無駄に発信する

3.お客の支持をおろそかにする

4.問題解決にできるかぎりの手段を尽くさず、お客を怒らせたままにする

5.コントロールを破棄する

もし、詳しく知りたい項目があれば、本を読んでみましょう。

追伸

こちらの記事もよければ、どうぞ

>> コピーライティング本おすすめ!初心者が勉強用に・・・

>> マーケティングの本でおすすめ!初心者でもお勧め書籍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です